三極(日米欧)の薬事規制/承認審査の相違点をふまえたグローバル開発のポイント【提携セミナー】

医薬品

三極(日米欧)の薬事規制/承認審査の相違点をふまえたグローバル開発のポイント【提携セミナー】

開催日時 2021/10/25(月)13:00~17:00
担当講師

小池 敏 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
開発の成功確率向上、審査の迅速化など、早期承認取得のためのポイントを解説!

 

三極(日米欧)の薬事規制/承認審査の相違点をふまえた

グローバル開発のポイント

 

≪各国規制要件および規制当局の比較から国際開発のために知っておくべき留意事項とは≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

医薬品開発においてグローバル開発戦略を用いた開発が増加する状況下、主要国の規制要件を理解することはグローバル開発戦略を適切に策定し,効率的に実施することのみならず、各国での医薬品開発の成功確率を上げ、審査の迅速化、即ち早期承認取得にも繋がる。
本講演では、開発薬事担当者を始め、グローバル開発に携わる方々に知って頂きたい日米欧での医薬品の規制要件、承認審査プロセス、および迅速承認システムをその異同を比較しながら解説する。さらに当該規制要件をグローバル開発にどのように利用するかについても解説する。

 

◆キーワード

薬事,申請,PMDA,FDA,EMA,セミナー,講演,セミナー

 

 

担当講師

フェリング・ファーマ(株)薬事&コンプライアンス本部 本部長 小池 敏 氏

 

セミナープログラム(予定)

 

1.規制当局・薬事関連規制要件の概要・比較
1) 日本
2) 米国
3) 欧州
4) 日米欧規制当局の比較

 

2.医薬品開発に関する規制要件の概要・比較
1) 治験届・IND
2) 治験相談
3) CMC関連
4) 非臨床関連
5) 臨床関連
6) GLP、GMP、GCP査察と対応

 

3.承認審査に関する規制要件の比較
1) 日本
2) 米国:PDUFA、審査概略、審査概念、GRMP、海外成績の受入要件
3) 欧州:審査概略、中央審査方式、相互認証方式
4) 各国の迅速審査・承認システム

 

4.各国規制要件のグローバル開発への利用
1) グローバル開発戦略
2) 地域の優先を考える際の留意点
3) グローバル開発戦略での各国申請のタイミング
4) 国際共同試験及び外国人データの規制当局受入

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年10月25日(月) 13:00~17:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売