技術問題の状況がよく見える「多次元分析法」

技術課題の分析

技術問題の状況がよく見える「多次元分析法」

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

講座概要

技術開発や開発設計で作業の手戻りほど、開発リードタイムを長引かせる原因はありません。

開発のスピードアップと成功率の向上の両立を実現するための問題解決法では、

①問題の情報把握(多次元分析法)

②問題発生メカニズムの分析

③問題解決への指針獲得

④資源変更パターンを使ったアイデア発想

⑤アイデアの分類・整理とブラッシュアップ

⑥方策案のまとめ

⑦結果の評価

といった体系的な手順をたどります。

この中で最も重要で効果的なツールは、”①問題の情報把握”の段階で使用する「多次元分析法」です。

この問題の情報把握がうまくできてしまえば、自分の専門分野の経験と知識を駆使することで、他の発想法に頼らずとも解決策が完成してしまいます。

そのため、その後の”②問題発生メカニズムの分析”や”④資源変更パターンを使ったアイデア発想”、といったより面白味のあるフェーズを経験しないまま、解決コンセプトの開発が終了してしまうケースも多くあるのです。

このセミナーでは、事例を交えながらその強力な多次元分析法を紹介します。是非「問題解決脳」基礎体力作りをしてください。

 

担当講師

長谷川 公彦 講師

 

セミナープログラム(予定)

1.2種類の問題とその解決法
(1)”-”を”0”にする問題とその解決法
(2)”0”を”+”にする問題とその解決法
(3)問題解決とは現状を変えること
2.「解けない」を「解ける」に変えるコツ
(1)なぜ問題が解けないのか?
(2)類似の問題を持つ他の分野を探す
(3)「何を」「どう変えるか」
(4)「資源」と「操作方法(オペレータ)」
3.資源を見つけて利用する
(1)うまい資源を見つける方法
(2)協力な多次元分析法
①階層(上位、下位)、②時間(過去、未来)、③問題(原因、結果)、④機能(入力、出力)
(3)解決の方向を決める理想性とは
4.資源を変更して利用する
(1)革新的な問題解決法を約束する資源を変更するテクニック
(2)知的資産としての「資源一覧表」の作成
5.資源についての詳しい解説
(1)物質資源
(2)エネルギー資源
(3)空間資源
(4)時間資源
(5)情報資源
(6)機能資源
(7)派生資源

 

主な受講対象者

  • 開発者、設計者、生産技術者

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日 : 未定

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他) (※日本アイアールへのアクセスはこちら)

・受講料 : 45,000円/1名(税別)

 

※長谷川講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

 

Pocket

技術セミナー開催スケジュール

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売