積層セラミックコンデンサ(MLCC)の小型化、薄層多層化と最先端開発動向【提携セミナー】

FPCの市場技術動向

積層セラミックコンデンサ(MLCC)の小型化、薄層多層化と最先端開発動向【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

野村 武史 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

車載用途・5G基地局など厳しい信頼性を必要とされる用途にも言及する

 

積層セラミックコンデンサ(MLCC)の小型化、

薄層多層化と最先端開発動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

積層セラミックコンデンサ(MLCC)に関して、その電気的性質と用途だけでなく製造方法、材料技術、信頼性技術、誘電体現象論、最先端の開発状況等、幅広く網羅し、特にMLCCで最も重要な信頼性に関しては実践的な側面だけでなく科学的な側面からも構造設計と材料技術を詳しく解説する。車載用途や5G基地局のように厳しい信頼性が要求される用途についても解説する。更に今後の動向についても考察する。

 

担当講師

昭栄化学工業(株) 取締役 工学博士 野村 武史 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに

 

2.積層セラミックコンデンサの歴史

 

3.コンデンサの特性と用途
3-1.コンデンサの性質と種類
3-1-1.コンデンサの性質
3-1-2.コンデンサの種類
3-1-3.セラミックコンデンサの規格
3-2.コンデンサの用途
3-2-1.デカップリング用
3-2-2.平滑用
3-2-3.カップリングコンデンサ

 

4.積層セラミックコンデンサの製造方法と小型大容量化
4-1.製造方法
4-2.誘電体層の薄層化
4-3.内部電極の薄層化
4-4.薄層化、多層化と残留応力

 

5.信頼性と構造欠陥対策
5-1.構造欠陥の分類
5-2.製造プロセスと構造欠陥
5-3.環境条件と構造欠陥
5-4.高信頼性構造設計

 

6.誘電体材料技術
6-1.絶縁抵抗の寿命現象
6-2.静電容量エージング現象
6-3.低周波の誘電緩和現象
6-4.高温用材料

 

7.超薄層化と誘電体材料
7-1.チタン酸バリウムのサイズ効果と内部応力
7-2.外部応力
7-3.残留応力
7-4.高誘電率化

 

8.今後の方向性
8-1.ポストNi
8-2.ポストチタバリ

 

9.おわりに

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

 

受講料

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売