ものづくり、研究開発成功に必要な論理的技術者思考とその実践【提携セミナー】

ものづくり、研究開発成功に必要な論理的技術者思考とその実践【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/17(火)10:30~16:30
担当講師

奥村 治樹 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-Mail案内登録価格: 46,970円

ものづくり、研究開発成功に必要な

論理的技術者思考とその実践

 

≪効率的、確実に目的を達成できる考え方と具体的方法を演習で学ぶ≫

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

内容に沿った演習も実施します!
技術者としてのあり方、考え方、仕事の進め方を教えます
「最近仕事がなんだか上手くいかない」
「日々の業務にかまけて新しいことが手につかない」
「結果を出せと言われているがどうすれば…」
「こなす業務の量は多いのに成果がついてこない…」
悩んでいる全ての技術者へ!本セミナーでは研究開発を円滑に進めるための思考方法を伝授します。

 

セミナー趣旨

日本の高い技術力は、言うまでもなく飽くなき探求心に基づく研究開発の歴史によるものである。しかし、時代の変遷と共により高いレベルでの研究開発と同時に、スピードと効率性も強く求められるようになってきている。これらの要求に対応すると同時に研究開発の目標を達成するためには、目標設定、研究開発のための思考力、計画力、実行力や、これらを支える仮説思考と検証力を持って目的志向で考え、進めることが必要となる。そして、これらを駆使することで得た結果を成果とするためには、コミュニケーション力、情報発信力も必要不可欠となる。このように、今後の研究開発成功のためには、従来に増してより高いレベルでの、様々な思考力や能力が求められており、ただ漠然と研究開発を進めていては、他の技術者や同業他社、ひいてはグローバルな生存競争に勝ち残るのは困難といわざるを得ない。
本講では、様々な研究開発の場面はもちろん、製造トラブルなどの問題解決においても必要となる、技術者としての考え方、進め方について、詳細な解説と演習とによって修得することを目指す。

 

得られる知識

  • 目的志向でゴール設定し、確実に目標達成する力
  • 仮説思考でロジックを構築する論理思考力
  • 埋もれた情報を掘り起こす多面的複眼視点
  • 熱い思い(Passion)と冷徹な判断力を兼ね備えた技術者となる
  • ストーリー力と俯瞰視点が形作る最適化力
  • 結果を結論に加工して成果に昇華するアウトプット力

 

受講対象

  • 新入社員から経営層まであらゆる階層
  • 実験量ばかり多く成果に結びつかない方
  • 結果が何を意味するのか見い出せない方
  • 仮説思考、論理思考が苦手な方
  • ゴールに繋がる計画が立てられない方
  • データと情報に埋もれて溺れている方 ほか

 

担当講師

ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.イントロ:論理的思考とは

 

2.企業における研究開発
2.1 必要な要素
2.2 結果を成果へ
2.3 ものづくりとは
2.4 三位一体

 

3.目的と目標
3.1 演習
3.2 スタート地点
3.3 真の目的(ゴール)
3.4 目的と目標
3.5 目標の条件
3.6 目的の構成要素
3.7 演習

 

4.開発(ものづくり)の進め方
4.1 ベンチマーク⇒ポジショニング
4.2 戦略策定
4.3 未来予想
4.4 課題設定による計画化
4.5 課題設定の本質
4.6 絵コンテシナリオ
4.7 スタートとゴール
4.8 優先順位
4.9 インパクトファクター
4.10 イシュードリブン
4.11 ボトルネックシーク
4.12 リスクの評価とヘッジ
4.13 Go&Stop
4.14 演習
4.15 ディシジョンポイント
4.16 妥協は最大の悪
4.17 問題、危機の発生
4.18 研究開発型PDCA
4.19 基本的な研究開発フロー

 

5.研究開発のための思考
5.1 思考とは
5.2 4思考
5.3 目的志向
5.4 アウトプット志向
5.5 演習
5.6 視点
5.7 ロジック、要素と逆走思考
5.8 メタフィールド思考
5.9 逆説的思考
5.10 思考のポイント
5.11 失敗からのリカバリー
5.12 ポジティブ思考
5.13 認知バイアスの罠
5.14 データ解釈における認知バイアス
5.15 演習
5.16 目利き力
5.17 ヒラメキの種
5.18 イノベーションを生む発想と行動

 

6.論理的な考え方と解釈
6.1 論理的思考とは
6.2 論理思考によって成すこと
6.3 論点
6.4 正しいとは何か
6.5 帰納法と演繹法
6.6 その他の論理思考法
6.7 ロジックの条件
6.8 帰納法、演繹法の落とし穴
6.9 帰納法の実務的利用
6.10 平均の罠
6.11 相関解析の注意点
6.12 数字(データ)の取り扱い

 

7.論理の検証
7.1 論理構築のプロセス
7.2 情報パート
7.3 思考パート
7.4 論理構築パート
7.5 検証の基本
7.6 反証法
7.7 要約
7.8 演習

 

8.思考の道具
8.1 論理思考の5ステップ
8.2 思い付きとロジック
8.3 要素分解
8.4 演習
8.5 抽象化と具体化
8.6 情報・思考の階層
8.7 思考のイメージ化
8.8 本当のフレームワーク
8.9 If then思考
8.10 発想の転換
8.11 概算力
8.12 演習

 

9.仮説と検証
9.1 仮説とは何か
9.2 仮説が必要な理由
9.3 仮説→課題設定→計画
9.4 仮説の考え方
9.5 仮説の精度と確度
9.6 QDスタート
9.7 仮説の精度を決めるもの
9.8 演習
9.9 認知バイアスの排除
9.10 2種類の事実
9.11 Fact v.s. 主観、予想
9.12 2種類のカン
9.13 情報の条件
9.14 情報収集の考え方
9.15 情報整理
9.16 情報収集のゴール
9.17 多面性
9.18 結論の条件

 

10.実験の本質とは
10.1 実験、思考、分析
10.2 実験の本当の意味
10.3 実験を考えるとは
10.4 実験の神髄

 

11.まとめ

 

12.質疑

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/5/17(火)10:30~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料は開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送致します。
※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売