初めてのSDS・ラベル作成 ~JIS、法改正に対応したGHS対応実務~【提携セミナー】

JIS改正_混合物のGHS分類

初めてのSDS・ラベル作成 ~JIS、法改正に対応したGHS対応実務~【提携セミナー】

開催日時 2024/6/25(火) 10:30-16:30 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
担当講師

吉川 治彦 氏

開催場所

【会場受講】[東京・大井町]きゅりあん5階第1講習室

定員 -
受講費 47,300円

★JIS Z 7252/7253:2019、安衛法及び化管法改正対応のSDS・ラベル作成を習得します。

★SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)の概要と最新動向を解説します!

★国連危険物輸送勧告(UNRTDG)とGHSの関係についての知識も得られます。

 

初めてのSDS・ラベル作成

 

《JIS、法改正に対応したGHS対応実務》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

本セミナーでは、JIS Z 7252/7253:2019に対応した混合物のGHS分類方法、SDS・ラベルの作成について初心者の方々にもわかりやすく解説します。SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)の概要だけでなく安衛法及び化管法の改正のポイントを紹介し、法改正に対応したSDS・ラベルの作成とすべきことを習得します。また、国連危険物輸送勧告(UNRTDG)とGHSの関係などにも触れます。さらに、GHS分類やSDS作成でケースバイケースな部分(俗に言うグレーゾーン)の解決のコツも得られます。

 

◆ 受講後、習得できること

  • JIS Z 7252/7253:2019対応の混合物のGHS分類方法、SDS・ラベルの作成が習得できます。
  • SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)の知識が得られます。
  • 安衛法及び化管法の改正のポイントと法改正に対応したSDS・ラベルの作成が習得できます。
  • 国連危険物輸送勧告(UNRTDG)とGHSの関係についての知識も得られます。

 

担当講師

SDS研究会 代表 立教大学大学院兼任講師 吉川治彦 先生

 

■主経歴
三菱化学(株)、(株)日立製作所において、蛍光体、半導体素子、HDD、LCD等の研究開発に従事。
2001年3月より、(一財)化学物質評価研究機構にて高分子の劣化原因究明、化学物質の危険性・有害性評価、暴露・リスク評価に関する研究を行い、GHS関係省庁連絡会議事業におけるGHS危険有害性分類業務、企業のSDS作成業務、化学物質管理コンサルティング等の業務に従事。
2015年7月 (一財)化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所 主管研究員
2018年3月 (一財)化学物質評価研究機構を退社
2018年4月 SDS研究会を設立
大学院及び大学講師、企業の技術顧問、化学物質管理コンサルタントとして、GHS分類、SDS作成、化学品規制、国連危険物輸送勧告等において、きめ細かい教育、提案を展開。日本心理学会認定心理士(リスク心理学等)。労働安全衛生法の化学物質管理者専門的講習の講師。

■主要著書
「EU新化学品規則 REACHがわかる本」(共著)工業調査会(2007.8)
「化学物質のリスク評価がわかる本」(共著)丸善出版(2012.11)
「化学品の安全管理と情報伝達 SDSとGHSがわかる本」(共著)丸善出版(2014.4)
「Q&Aで解決 化学品のGHS対応SDSをつくる本」丸善出版(2019.9)
「国内外各国におけるSDS/ラベル作成の実務(2021年版)」(共著)情報機構(2021.12)
「Q&Aで解決 化学品のGHS対応SDSをつくる本 第2版」丸善出版(2024.1)

■専門・得意分野
GHS分類、SDS作成を含む化学物質の危険性・有害性の評価、暴露・リスクの評価及びその社会技術への応用展開。

 

セミナープログラム(予定)

1.SDSの基礎知識
1.1 SDSとは
1.2 SDSの目的
1.3 SDSの概要

 

2.GHSの基礎知識
2.1 GHSとは
2.2 物理化学的危険性
2.3 健康有害性
2.4 環境有害性
2.5 混合物の分類
2.6 国連文書とその改訂
2.7 改正JIS Z 7252:2019、JIS Z 7253:2019のポイント
2.8 改正JISに準拠した混合物のGHS分類

 

3.SDSに関連する法律“SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)”の概要及びそれに対応したSDS・ラベル作成
3.1 労働安全衛生法(安衛法)の概要と改正ポイント
3.2 化学物質排出把握管理促進法(化管法)の概要と改正ポイント
3.3 毒物劇物取締法(毒劇法)の概要

 

4.JIS、法改正に対応和文SDS、ラベル作成
4.1 JIS、法改正に対応和文SDS作成例
4.2 JIS、法改正に対応和文ラベル作成例

 

5.GHSと国連危険物輸送勧告(UNRTDG)の関係、グレーゾーン解決のコツ
5.1 国連危険物輸送勧告(UNRTDG)の概要
5.2 グレーゾーン解決のコツ(FAQ)

 

6.確認と復習、質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年6月25日(火) 10:30-16:30 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。

 

開催場所

【会場受講】[東京・大井町]きゅりあん5階第1講習室

 

受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
※会場での昼食の提供サービスは中止しております。

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売