革新的新商品、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法【提携セミナー】

新規事業を生み出すアイデア_発想法

革新的新商品、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法【提携セミナー】

開催日時 2021/3/5(金)10:30~16:30
担当講師

奥村 治樹 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

良いアイデアを創出からアイデアの評価、選択、具現化まで

様々なテクニックやノウハウをを解説!

 

革新的新商品、新規事業を

生み出すアイデアが湧き出る発想法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

新商品開発などの研究開発はもちろん、企画や制度改革などあらゆる業務において、アイデア創出は全ての基本となります。良いアイデアが創出されてこそ、目的が達成されて、期待される効果を得ることができます。

 

しかし、現実にはアイデア出しの教育などは誰も受けておらず、アイデアと思い付きの違いすらも区別されないまま実務が行われています。良質で良いアイデアと何か、そのようなアイデアを生み出すためにはどのようなプロセスを用いるべきなのか、誰も理解しないまま、思い付きで物事が進んでいます。また、アイデア創出だけでなく、出てきたアイデアの吟味、評価も同様です。しかし、アイデア創出、アイデア評価には様々なテクニックがノウハウが存在します。

 

そこで、本稿座では良質な良いアイデアを創出からアイデアの評価、選択、具現化まで様々なテクニックやノウハウを伝授するとともに、豊富な演習によって修得、実務での活用を実現します。

 

◆ 受講対象・レベル

・R&D等の開発部門の方
・問題解決、改善等を行う必要がある方
・戦略策定、企画等を行う方
・部下、後輩等の指導を行う方
・若手、中堅、マネジメント層
など

 

◆ 習得できる知識

・アイデアの出し方、考え方
・アイデアの評価、選択法
・アイデアの具現化
など

 

◆ 特典

※名刺交換の代わりに講師に名簿(お名前、ご所属、メールアドレス)を提出いたします。
以下のサービスをご希望の方は講師へ直接メールしてください。

 

【セミナー受講特典コンサルティング】
セミナーに受講して名刺交換をさせて頂いた方への特典サービスとして、初回限定で限定特別料金にてコンサルティングをご利用いただけます。
技術的な相談はもちろん、戦略相談、オンサイトセミナーなど、依頼条件を満たす限り原則として実施内容、方法に制限はありません。
技術コンサルティングには興味があるが利用したことがないので、どのようなものか良くわからず正式依頼に踏み切れない、決裁を取るために一度ディスカッションしたいという方は、是非この機会に、JRLのコンサルティングを御体験ください。限定特典ではありますが、必ず満足のいただける内容でお応えします。

 

<依頼条件>
・初回1回のみ
・セミナー実施日より3カ月以内に依頼が成立
・コンサルティング実施時間:4時間程度まで
・費用:場所、内容によらず定額の限定受講特典

 

◆ キーワード

・新規事業計画,発想法,アイデア創出,WEBセミナー,LIVE

 

担当講師

ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 氏
兼 大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師
京都産業21 相談員
滋賀県産業支援プラザ 相談員
知財管理技能士

 

セミナープログラム(予定)

1.【アイデア創出の基本(事業・技術)】
1.1 アイデアとは何か
1.2 アイデア創出プロセス
1.3 アイデア出しの基本
1.4 アイデア展開のパターン
1.5 強み伝い
1.6 展開・拡張の例
1.7 必要な要素

 

2.【アイデアの生み出し方】
2.1 アイデア生産の5ステップ
2.2 アイデア生産の実際
2.3 アイデア創出の「とっかかり」
2.4 俯瞰視点と仰望視点
2.5 コアコンピタンス
2.6 未来予想
2.7 演習
2.8 アイデアの源泉
2.9 ヒラメキの種
2.10 アイデアの母
2.11 無意識の可視化
2.12 逃避のススメ(蛸壺からの脱出)
2.13 他人のアイデア
2.14 ポジティブ思考のパワー
2.15 アイデアの整理
2.16 構造化
2.17 コスト問題
2.18 具体的現実化
2.19 演習
2.20 質と量
2.21 同質化の罠

 

3.【イノベーションを生み出す】
3.1 イノベーションとは
3.2 イノベーションを生む発想と行動
3.3 イノベーションで新事業を産むためには
3.4 3つの変革
3.5 新規性と進歩性
3.6 成功の因子

 

4.【目的と目標】
4.1 アイデアのフレーム
4.2 目的と目標
4.3 目的の構成要素
4.4 目標の条件
4.5 「うれしさ」視点
4.6 アイデア出しにおいては

 

5.【仮説思考】
5.1 目的→ゴール、そして、仮説
5.2 ゴール、アイデア、仮説
5.3 仮説の考え方

 

6.【情報の取り扱い】
6.1 情報収集の考え方
6.2 情報とは
6.3 情報の条件
6.4 2種類の事実

 

7.【アイデアを多面的に見る】
7.1 多面視点
7.2 認知バイアスの罠

 

8.【意思決定論】
8.1 意思決定の基盤
8.2 意思決定の3条件
8.3 Actionへのプロセス
8.4 意思決定の要素
8.5 意思決定指標
8.6 意思決定における個人と集団

 

9.【アイデア評価と選択のための意思決定プロセス】
9.1 アイデアの選択
9.2 選択プロセス設計
9.3 アイデア評価の基準
9.4 アイデア評価の基準
9.5 アイデア評価の基準
9.6 ランキング
9.7 オプションの選択
9.8 アイデアの評価
9.9 実現性
9.10 二つの脅威(リスク)
9.11 リスクマネジメント
9.12 4つのリスク+1
9.13 コントローラビリティー
9.14 不確定要素
9.15 リソース
9.16 差別化
9.17 選択プロセス

 

10.【注意点、ポイント】
10.1 あれも、これも?
10.2 いいな⇒困る
10.3 「新しい」の落とし穴
10.4 思い付きとアイデア

 

11.【アイデア創出の具体的方法、テクニック】
11.1 思考のポイント
11.2 イメージ
11.3 本当のフレームワーク
11.4 If then思考
11.5 構成要素で考える
11.6 演習
11.7 要素分解
11.8 演習
11.9 様々なアイデア発想法
11.10 アイデア創出プロセス
11.11 正しいブレーンストーミング
11.12 ブレストのポイント
11.13 ファシリテーターの役割
11.14 6カラーイメージ
11.15 ブレインライティング
11.16 止まったら
11.17 思考の拡張
11.18 SCAMPER法
11.19 マンダラート
11.20 トライアングルメソッド
11.21 欠点・希望点列挙法
11.22 属性列挙法
11.23 Input/Output法
11.24 マトリクス法
11.25 抽象化と具体化
11.26 情報・思考の階層
11.27 創造、拡張
11.28 フェニックス
11.29 生み出すフロー
11.30 逆走思考
11.31 反対視点
11.32 逆説的思考
11.33 概算力
11.34 評価からの発想

 

12.【まとめ】
12.1 認識の転換
12.2 発想の転換
12.3 アイデア創出フロー

 

13.質疑

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年03月05日(金)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売