実務初心者のための技術契約入門講座(セミナー)

たった半日で技術契約の全体像と必要な視点がわかる!

実務初心者のための「技術契約入門講座」


 

講座概要【実務初心者のための「技術契約入門講座」】

企業、特に製造業の事業活動においては「技術契約」の重要性が大きく、その成否は自社の戦略にも影響を与えかねません。その一方で技術契約の対象は広範かつ複雑で、習得すべき知識も多く、高度な実務力を発揮するには一定の経験も必要です。

皆さまは、「研究開発委託契約」「共同研究開発契約」「ライセンス契約」といった個別の契約案件が出るたびに、漠然とした不安を抱えながら対応していませんか?

難易度の高い技術契約の実務において、素人対応でその場凌ぎを繰り返していると、いずれ大きな代償を支払うことになるかもしれません。各契約テーマに個別の注意点・ポイントが数多く存在するなかで、これから技術契約の実務に挑んでいかれる方には、まずはその全体像の把握からスタートされることをお奨めします。

この講座を受講すると、これからどのような知識を習得して、どのような視点で実務に取り組めばよいのかが分かるようになります。是非この機会をご活用ください。

 

担当講師

石田 正泰 講師

 

プログラム(予定)

1.技術契約を理解するための前提知識
・「契約」の基本 ・契約の種類 ・契約書作成上の問題 ・技術契約の必要性

2.技術契約の分類と概要、各契約類型の基礎知識
(1)技術創出型契約: 共同研究開発契約、研究開発委託契約
(2)技術譲渡型契約: 技術譲渡契約、合併契約
(3)技術担保型契約: 質権設定契約、譲渡担保契約
(4)技術貸与型契約: ライセンス契約、下請実施契約、オプション契約
(5)役務提供型契約: エンジニアリング契約 技術指導契約 技術情報提供契約
(6)その他の技術関連契約: 共同出願契約、プラント輸出契約、フランチャイズ契約 など

3.企業活動と技術契約問題

4.技術契約の対象としての知的財産権、ノウハウ

5.主要な技術契約における実務の基本と留意点
・共同研究開発契約について ・特許ライセンス契約について など

 

主な受講対象者

  • 技術契約の全体像と各契約の位置付けがわからず、どのような知識が必要なのかが分からない方
  • 出願や調査などの典型的な特許実務には詳しいが、契約についての実務経験が少ない知財担当者の方
  • 契約実務は担当をしてきたが、技術絡みの契約については不安があるという法務担当者の方
  • これまでの自社の技術契約対応について、危機感や問題意識のある技術部門マネージャーの方

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日時: 未定

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他) ※日本アイアール交通のご案内

・定員:18名

・受講料:9,000円/1名(税別) [税込:9,720円]

 

 ※石田講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。