FCV・水素エネルギーの技術動向とビジネス戦略【提携セミナー】

FCV・水素エネルギーの技術動向

FCV・水素エネルギーの技術動向とビジネス戦略【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/9/17(金)13:30~16:00
担当講師

西脇 文男 氏

開催場所

Live配信セミナー

定員 -
受講費 通常申込:35,200円
E-Mail案内登録価格: 33,440円

FCV・水素エネルギーの

技術動向とビジネス戦略

 

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

カーボンニュートラル達成のためにFCV・燃料電池自動車の利活用が不可欠であり、実用化・普及が進められております。
またFCV以外での水素エネルギーの活用は研究されており、盛り上がりを見せている。

本セミナーでは、世界の最新技術動向、日本の取り組み状況、将来展望等、技術面とビジネス面の両面から水素エネルギーの全体像を150分で解説いたします。

 

セミナー趣旨

カーボンニュートラル達成には水素エネルギーの利活用が不可欠との認識が広がり、本格的な社会実装に向けて世界は大きく動き出した。水素は、EVでは力不足な大型・重量車両や船舶、航空機等に、また火力発電や鉄鋼、化学工業の脱炭素化に、化石資源に代る原・燃料として利用できる。更に、水素には化石燃料の代替という以外に「エネルギーキャリア」という、将来のエネルギー社会の中核となる機能も期待されている。
本セミナーでは、世界の最新技術動向、日本の取り組み状況、将来展望等、技術面とビジネス面の両面から水素エネルギーの全体像を解説します。

 

受講対象
・水素エネルギービジネスに携わっている方
・水素エネルギーの研究者・アナリスト

 

担当講師

武蔵野大学 客員教授 西脇 文男 氏

 

【著書】日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス(東洋経済新報社)
再生可能エネルギーがわかる(日本経済新聞出版社)
レアメタル・レアアースがわかる(日本経済新聞出版社)など

 

セミナープログラム(予定)

1.温暖化対策の切り札「水素エネルギー」
― 水素エネルギー関連ビジネスは巨大市場に成長する

 

2.モビリティー部門
― 世界でFCV開発競争が始まった
― FCV以外にも広がる水素燃料

 

3.発電部門・・・燃料電池と水素発電

 

4.産業部門・・・水素を原料とする製鉄、化学品製造の技術開発動向

 

5.水素の製造・輸送・貯蔵

 

6.エネルギーキャリアとして期待される役割と広がる可能性

 

7.主要国の水素戦略とキープレーヤーの動向

 

□ 質疑応答 □

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021/9/17(金)13:30~16:00

 

 

開催場所

Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

受講料

一般受講:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で35,200円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の17,600円)

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売