GMP工場の設備設計および維持管理のポイント【提携セミナー】

GMP工場の設備設計_維持管理

GMP工場の設備設計および維持管理のポイント【提携セミナー】

開催日時 2021/5/27(木)10:30~16:30
担当講師

高木肇 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

《知っておくべき施設構築時および保守点検時のポイントとは?》

リスクマネジメント手法/配置計画/レイアウト/交叉汚染の防止/異物対策/作業性改善、ミス防止策/メンテナンス

 

テキストはPDFデータで事前に配布いたします(紙媒体の配布はありません)

 

GMP工場の設備設計および維持管理のポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

医薬品・医薬部外品工場の構築にあたり、ユーザーエンジニアリングの知識・経験がないため、URSも作成せずにエンジ会社等に丸投げする、また、保守点検まで手が回らないため保全を全面委託する。その結果、使い勝手が悪かったり、トラブル頻度が軽減しない等の問題を抱える企業は多い。要するに工場におけるトラブル原因の多くは、URSの不備、DQの不備、保守点検の不備に起因する。

 

トラブルを未然に防止するために知っておきたいURS作成時の要点、作業者にもできる保守点検など、施設設計と維持管理のポイントを具体例を挙げて解説する。

 

 

担当講師

医薬品GMP教育支援センター 代表 高木肇 氏
医薬品食品品質保証支援センター(NPO-QAセンター) 顧問
ハイサム技研 顧問

 

セミナープログラム(予定)

1.進化したバリデーション概念
1.1 ルールベースからリスクベースへの転換
1.2 改正GMP省令に盛り込まれた事項
1.3 品質文化は「品質指標」に現れ、職員の「目の輝き」に現れる
1.4 小林化工の事案で品質文化を思う
1.5 PDCA思考からOODAループ思考への転換
1.6 品質リスクマネジメント手法はOODAループ思考
1.7 「旧バリデーション」の目的に欠落しているのは
1.8 21世紀のバリデーションは継続的検証を要請
1.9 重要工程一覧表に例示された工程だけがバリデーション対象?

 

2.構造設備の設計時に行うリスクマネジメント手法
2.1 保守点検は適格性評価とリンク
2.2 ユーザー要求仕様書(URS)がDQの判定基準になる
2.3 URSの内容不備例
2.4 URS作成時の留意点
2.5 URSに記載する項目例

 

3.基本計画・基本設計
3.1 プロジェクト業務のフロー
3.2 基本計画段階での主要業務
3.3 基本設計段階の主要業務
3.4 配置計画での検討例
3.5 抜けやすい部屋も配置
3.6 適切な面積確保

 

4.交叉汚染の防止

 

5.異物対策の検討
5.1 汚染管理戦略の構築
5.2 防虫防鼠対策

 

6.作業性改善、ミス防止策
6.1 mSHELL分析
6.2 エラー原因となる疲労・イライラ
6.3 切替作業ミスを防ぐために

 

7.作業者保護策
7.1 職業曝露限界(OEL)
7.2 作業者の健康被害は微粒子の大きさが問題
7.3 SMEPACの手法

 

8.製造用水システムの設計で留意すること

 

9.設備機能維持の必要性
9.1 施設・設備等は微妙に変化するもの
9.2 事故原因の多くは経時劣化
9.3 SUSも錆びる(ルージュ化)
9.4 IQ/OQの結果が「初期値」を示す

 

10.保全体制をどうするか
10.1 保全組織の各種形態
10.2 製造技能と保全技能を分けるのが良い?
10.3 6つの保全形態
10.4 日常保全・定期保全・事後保全を組み合わせる
10.5 日常点検の有効活用
10.6 保全の全面外注化は慎重に

 

11.校正作業

 

<質疑応答>


スケジュール※多少前後する可能性がございます。
10:30~12:00 講義1
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 講義2
14:00~14:05 休憩
14:05~15:05 講義3
15:05~15:10 休憩
15:10~16:10 講義4
16:10~16:30 質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年05月27日(木)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円(税込)
会員:  49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、 49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付【PDFにて配布いたします】
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売