リチウムイオン電池における電極スラリーの 調製・電極化技術とそのポイント【提携セミナー】

リチウムイオン二次電池_材料設計

リチウムイオン電池における電極スラリーの 調製・電極化技術とそのポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/05/18(火)12:30~16:30
担当講師

向井 孝志 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:46,200円

★バインダ種類やスラリーの組成・混合条件等により電池性能が大きく変化!

リチウム電池の高性能化に向けた各種バインダ技術

およびスラリー製造・電極化プロセス技術を解説!

 

リチウムイオン電池における 電極スラリーの

調製・電極化技術とそのポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

国際競争の激しいリチウムイオン電池は、小型民生用から車載用電源へと利用分野を拡大させている。この電池の電極は、集電体に活物質を主とするスラリーを塗布して製造される。

 

電極用バインダは活物質や導電助剤などの粉体を集電体に結着させるために利用されるが、電池の中では電極界面に影響を及ぼし、バインダ種類によって電池性能が大きく変化する。また、スラリーの組成や混合条件でも、電池の出力特性、サイクル寿命、高温耐久性などが変動する。

 

ここでは、電池の市場動向と、最近の電池材料開発技術に触れ、次世代蓄電池の将来展望について紹介するとともに、それらの要求性能・課題をふまえ、電池の高性能化に寄与するバインダとスラリーの調製・塗工・電極化技術などについて取り上げる。

 

○受講対象:
・リチウムイオン電池及び関連部材の研究開発の従事者や管理者
・次世代リチウムイオン電池、電極スラリーの製造方法、電極作製技術、水系バインダに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

 

○受講後、習得できること:
・リチウムイオン電池の用途と要求課題
・電池の性能と安全性を向上させるための材料技術と組み合わせ
・水系スラリーの製造技術、塗工技術
・次世代リチウムイオン電池の開発動向
など

 

 

担当講師

ATTACCATO合同会社 代表  向井 孝志氏

 

セミナープログラム(予定)

1.リチウムイオン電池の市場動向と、材料開発、次世代蓄電池への要求

 

2.電極スラリーの混練技術と連続混合技術
2-1.現行のリチウムイオン電池用スラリーの混合装置
2-2.混合装置の変遷
2-3.新材料に適したスラリー製造技術の開発

 

3.電極スラリーの製造・塗工技術
3-1.電極製造プロセスと紛体技術
3-2.塗工技術
3-3.理想的な電極構造

 

4.各種バインダ技術・スラリー製造技術と電池性能への影響
4-1.次世代正極材料と正極用バインダ、スラリーの製造技術
a.水系バインダを用いたリン酸鉄リチウム正極の調製・電極化技術
b.水系バインダを用いた高ニッケル系正極の調製・電極化技術
c.無機バインダを被覆した正極材料の調製・電極化技術と水系化プロセス
d.各種バインダと硫黄系正極の調製・電極化技術
e.セルロースナノファイバー複合バインダの調製・電極化技術
4-2.次世代負極材料と負極用バインダ、スラリーの製造技術
f.アクリル系バインダを用いたカーボンSi複合負極の調製・電極化技術
g.ポリイミド系バインダを用いたSiO負極の調製・電極化技術
h.無機系バインダを用いたSi負極の調製・電極化技術

 

5.今後の展開

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年5月18日(火) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】

41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】

46,200円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、35,200円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
    お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
    お申込みは4営業日前までを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売