医薬品ライセンス契約における効果的ドラフティングの基礎と交渉上の重要論点【提携セミナー】

共同研究開発のトラブルと解決方法

医薬品ライセンス契約における効果的ドラフティングの基礎と交渉上の重要論点【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/6/22(水)10:30~15:30
担当講師

廣瀬 崇史 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★実務のエッセンスを短時間でコンパクトに解説する!

 

 

 

医薬品ライセンス契約における

効果的ドラフティングの基礎と交渉上の重要論点

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

・ライセンス契約交渉前のプロセス
・ライセンスの対象、性質、内容
・情報開示のポイント
・ライセンスの対価の種類

 

 

習得できる知識

・医薬品ライセンスでのドラフトや交渉実務に活用できる幅広い知識とスキルを習得

 

 

担当講師

弁護士法人 大江橋法律事務所 パートナー弁護士(日本、カリフォルニア州) 廣瀬 崇史 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【講座概要】
医薬品分野におけるライセンス契約には、他の分野のライセンス契約と共通する重要項目や留意点があるのみならず、医薬品にまつわる特許、医薬品の承認認可制度、研究開発の実態等といった当該分野の特徴を考慮した特徴的な内容が多く存在します。本セミナーでは、医薬品のライセンス契約に関わる基本的事項も踏まえつつ、そのドラフトや交渉実務に活用て?きる幅広い知識とスキルを習得いたた?くことを目的に、ライセンスの契約のドラフト・交渉実務のエッセンスを比較的短時間でコンパクトにご説明する講座です。皆様が医薬品ライセンス契約のドラフト・交渉をする際の着目点を増やす一助となれば幸いです。

 

1.医薬品開発の特徴
(他のライセンスにはない医薬品分野の特徴、バイオベンチャー企業の場合の留意点等も)

 

2.ライセンス契約交渉前のプロセス
(NDA、MTA、DD、Term Sheet等)

 

3.ライセンス契約の当事者に関する事項
(原権利者との関係、関連会社等)

 

4.ライセンスの対象、性質、内容
(ライセンスの対象、特許発明以外を含める意義、医薬品ライセンスにおけるデータの重要性、ライセンスの性質・種類(独占、非独占、日本法特有の論点)、ライセンスの範囲(分野、領域等)の制限、サブライセンス、Have Made権等)
・サブトピック:データの利用に関する留意点
・サブトピック:医薬品に関する特許発明の特徴、特許権の存続期間の延長等
・サブトピック:ライセンサー、ライセンシーの倒産とライセンス契約への影響
・サブトピック:改良技術の取扱い(改良技術の定義・帰属、利用その他の条件(オプション・独占交渉・優先交渉))
・サブトピック:公正取引委員会のガイドライン

 

5.ライセンサー側からの情報開示
(開示の範囲、技術移転・技術指導、言語の問題等)

 

6.ライセンシー側からの情報開示
(ライセンシー側に開示を求めるべき情報項目の例、開発情報、改良技術等)
・サブトピック:情報保護関連の留意点
・サブトピック:共同開発を行う場合の留意点

 

7.ライセンスの対価
(ライセンスの対価の種類、医薬品特有のマイルストーン、ランニングロイヤリティの計算方法、ミニマムロイヤリティ、医薬品特有のロイヤリティ減額事由、減額緩和の手法)
・サブトピック:原薬の供給関連の論点

 

8.ライセンシーの開発努力義務、販売努力義務
(定める意義、具体的な条項、違反の場合の効果等)

 

9.開発、上市、販売におけるライセンサー、ライセンシー間の意思形成や合意に関する規定
(joint steering committeeの組成、典型的な運営に関する条項等)

 

10.表明保証
(表明保証の実務的意義、表明保証の時点、医薬品ライセンスにおける表明保証条項の典型的項目、表明保証条項に関する契約交渉上の留意点)

 

11.秘密保持義務・プレスリリースに関する条項
(秘密保持の典型的条項、秘密保持の例外、公表に関する意思形成に関する条項等)

 

12.競業避止義務を定める上での留意点
(競合製品の定義、競業避止の期間等)

 

13.契約終了事由
(一般的な終了事由、医薬品ライセンス特有の終了事由、一部解除等)

 

14.ライセンス契約終了時の対応
(テリトリー内での販売体制の想定、移行に関する協力等の観点も)

 

15.損害賠償条項
(補償の範囲、補償の条件、上限等)

 

16.準拠法・紛争解決手段
(仲裁条項作成の際の具体的な留意点、医薬ライセンスの特性を踏まえた紛争解決)

 

17.不可抗力条項を含むその他の一般条項
(COVID-19関係も踏まえて)
※講演における説明順番・内容は変更される可能性があります。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/6/22(水)10:30~15:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売