結晶多型の基礎・多型スクリーニング及び多型制御結晶化技術【提携セミナー】

結晶多型の基礎・多型スクリーニング及び多型制御結晶化技術【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/7/15(金)10:30~16:30
担当講師

森川 安理 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

・結晶多型のありがちな事件・トラブルとは?

 

結晶多型の基礎・多型スクリーニング

及び多型制御結晶化技術

 

☆多型の基礎理論、多型を分類する分析手段、多型の作り分けの結晶化技術、
新たな多型を探索するスクリーニング方法等、結晶多型を多面的に解説いたします!

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

安定結晶型の出現により、従来の結晶が全く生産できなくなるという摩訶不思議な現象(Disappering polymorphism)が知られています。
これが起きますと事業継続が危ぶまれる事態が発生します。
この為企業は結晶性の化合物を製品にする際に多型に気をはらう必要があります。
多型理論は化学ではなく物理の世界に属します。
多くのプロセス化学者が多型について頭を悩ましていることが想像されます。

 

そこで、本セミナーでは多型の基礎理論、多型を分類する分析手段、多型の作り分けの結晶化技術、新たな多型を探索するスクリーニング方法等、結晶多型を多面的に解説したいと思います。

 

◆習得できる知識

○ 結晶化の理論
○ 結晶多型の分析手段
○ 結晶多型の事件・トラブル
○ 結晶多型の作り分け

 

◆キーワード

スケールアップ,化学プロセス,医薬品,結晶,連続生産,セミナー,反応,研修,講習,有機化学

 

担当講師

アンリ・コンサルティング 代表 森川 安理 氏 【元旭化成(株)】

【専門】有機化学、プロセス化学
【略歴】
1977年3月 東京大学大学院理学系研究科 有機化学専攻 卒業
1977年4月 旭化成 入社
入社後、スクリーニング化合物の合成、プロセス化学研究に一貫して従事。この間薬学博士号取得(東京大学)。その後、医薬原薬製造工場の工場長を10年経験。化学品、医薬原薬、治験薬等の生産を経験。
2009-2012年 九州保健福祉大学薬学部 非常勤講師(一般化学、生物有機化学)
2013年2月 旭化成 退社
2013年3月 個人事業主として技術コンサルタント業開始
技術コンサルタントとして原薬の製造についての解説を31回に渡り以下のサイトに連載しているので参照されたい。
http://www.gmp-platform.com/topics_detail2/id=59

 

セミナープログラム(予定)

1 結晶多型概論
1.1 結晶多型の数、世界売上Top10原薬から
1.2 突然出現する結晶多型
1.3 結晶多型と物理的性質
1.4 水素結合と結晶多型
1.5 結晶多型転移

 

2 結晶化の基礎
2.1 溶解度曲線と結晶多型
2.2 Van’t Hoff プロットと結晶多型
2.3 溶解度測定方法、
2.4 核形成基礎理論
2.5 Disappearing Polymorphism と事件
– Ranitidine
– Ritonavir
– Paroxetine hemihydrate
– Rotigotine
– DMP-543
– LAB687

 

3 結晶多型の区別
3.1 X線小角散乱XRD
3.2 DSC
3.3 ATR-IR, ATR-Raman
3.4 集束ビーム反射測定法(FBRM)
3.5 粒子画像測定装置(PVM)

 

4 結晶多型研究例
4.1 Sulfathiazole Form I-V
4.2 Other API polymorphism

 

5 Generic 開発と結晶多型

 

6 Polymorphism ScreeningとCocrystal
6.1 スクリーニングの意義
6.2 スクリーニング方法
6.3 共結晶開発について

 

7 結晶多型制御結晶化法
7.1 冷却晶析
– バッチ晶析(温度時間曲線の計算)
– セミバッチ晶析(原液添加速度の計算)
– 連続晶析(滞留時間の計算)
– MonotropicとEnantiotropic
– Flow 再結晶
7.2 溶媒混合晶析

 

8 参考図書および便利なインターネットサイト

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年07月15日(金) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売