結晶化・晶析操作の基礎と結晶粒子群の特性を精密制御するための作り込みノウハウ【提携セミナー】

晶析プロセスのスケールアップ検討/結晶多形の制御と 濾過性の悪い結晶の対応法・手段セミナー

結晶化・晶析操作の基礎と結晶粒子群の特性を精密制御するための作り込みノウハウ【提携セミナー】

開催日時 2023/3/9(木)10:30~16:30
担当講師

滝山 博志 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 )

結晶化・晶析操作の基礎と

結晶粒子群の特性を精密制御するための

作り込みノウハウ

 

≪結晶純度・不純物、多形、分布、形態の改善から連続フロー製造まで≫

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付) 】のみ

 

【演習付】1日で晶析操作のメカニズム・結晶品質制御・スケールアップ、最新トレンドをマスター!

 

●結晶粒子群の特性(純度、粒径分布、結晶外形、結晶多形)などに影響を与える晶析操作の目的や原理

 

●現場でのトラブル事例やその考察、実際に役立つ「DSCデータ」「XRDデータ」の取り扱い・活用法

 

●結晶品質を作り込むため、晶析操作設計、撹拌回転数の設計などの具体的戦略の理解

 

●回分から連続フロー製造への展開、オンラインセンサー利用技術など、世界の最新トレンドやトピックについて他

 

沈殿、析出、再沈、再結晶など、結晶化現象に関わる様々なプロセスの改善、トラブル解決、スキルアップにお役立てください。

 

セミナー趣旨

化成品製造時には、分離精製や粒子群製造の目的で「再沈」や「再結晶」と呼ばれる操作が行われています。それらの操作は、精密化成品や医薬品のみならず、機能性材料や電池材料など多岐の分野にわたって必要とされています。ところが、その操作の少しの違いが、沈殿物である結晶粒子群の特性に影響を与え、生産性にも大きな影響を与えることがあります。例えば、純度、粒径分布、結晶外形、結晶多形に関わる問題です。この結晶性物質に品質を作り込むプロセス技術が「晶析操作」です。そこで、このセミナーでは、「再沈」「再結晶」と「晶析操作」との接点にふれながら、どういう操作で結晶粒子群の特性を改善できるのか、そしてその操作の本質は何なのかを解説します。また、最新の連続フロー製造や測定技術(PAT)のトレンドも解説します。普段合成を専門に研究している研究技術者には結晶化を使った精製操作の“コツ”について、そして普段から晶析技術に関わっている研究技術者には、より高度な結晶品質制御の“戦略”についてお伝えします。

 

受講対象

  • 再沈によって精製を行っている技術者
  • 結晶化によって粒子群製造を行っている技術者
  • 結晶性物質を取り扱う化成品製造業種(医薬、新素材、食品、電池材料)
  • 合成を専門に研究している研究技術者には精製操作の“コツ”を伝授
  • 晶析技術に関わっている研究技術者には、より高度な結晶品質制御の“戦略”を伝授

 

得られる知識

  • 再沈・再結晶でのトラブル解決のための実践的手法
  • 連続フロー晶析の最新情報と、連続フロー製造が注目されるその理由
  • 結晶純度、結晶形態、結晶多形、粒径分布改善法のコツ
  • DSC、XRD、測定データの実践的活用法
  • 回分冷却晶析、貧(非)溶媒添加晶析、反応晶析法のコツ
  • スケールアップのための第1選択手法

 

受講キーワード
再沈・再結晶 / 晶析 / 結晶化 / 粒子製造 / 純度 / 結晶多形 / 結晶形態 / オイルアウト / 貧溶媒晶析 / DSC、XRD / 連続フロー製造

 

担当講師

東京農工大学大学院 工学研究院 応用化学部門 教授 滝山 博志 氏

 

【ご専門】結晶化工学(晶析),プロセスシステム工学

【ご経歴】1993.03東京工業大学総合理工学研究科博士後期課程修了博士(工学)
2002.08東京農工大学工学部助教授
2011.04東京農工大学大学院工学研究院教授

【ご受賞】2007平成18/度東京農工大学工学部優秀講義賞
2008平成19/度BASE最優秀講義賞
2008日本海水学会技術賞(晶析装置のモデル化および制御に関する研究)
2013化学工学会論文審査貢献賞
2018平成30/度学長賞(農工融合発表論文部門)
2020分離技術会功労賞

 

セミナープログラム(予定)

1.再沈・再結晶と晶析操作との接点
-現場で遭遇するトラブル-
1.1結晶粒子群の特性に関するトラブル事例
1.2有機合成と晶析操作との接点
1.3晶析操作の目的と原理
1.4連続フロー製造が注目される真の理由とは

 

2.再沈・再結晶での結晶化の解析とその速度論
-現場で起きている結晶化トラブルを解決するための基礎的考察-
2.1再沈での結晶成長
2.2結晶化の推進力と固液平衡
2.3核発生と成長速度論
2.4結晶粒子群特性
2.5現場で役立つDSCデータの読み取り方
2.6実践的XRDデータの活用法(最近話題の結晶子サイズとは)
2.7事例と演習で理解する結晶化現象の制御法

 

3.結晶化現象のメカニズムとその制御
-再沈・再結晶での結晶品質の精密制御アプローチを理解する-
3.1結晶品質に関するトラブル事例
3.2なぜ結晶粒子群の特性が安定しないのか(結晶多形変化)
3.3なぜ固液分離に時間が掛かってしまうのか(結晶形態変化)
3.4粒径分布の考え方
3.5なぜ結晶純度が安定しないのか(母液の含有)
3.6オイルアウト現象のメカニズムとその回避法
3.7結晶粒子群の連続フロー製造
3.8演習で理解する結晶品質の制御

 

4.晶析操作の設計と品質のつくり込み
-結晶品質を作り込むための具体的戦略を理解する-
4.1晶析操作設計の留意点(冷却晶析法)
4.2貧(非)溶媒添加晶析での操作戦略
4.3反応を伴う晶析操作の実際(電池材料や医薬品)
4.4晶析と撹拌との関係(撹拌回転数の設計法)
4.5スケールアップの留意事項
4.6連続フロー晶析に関わる最近のトレンド

 

5.最新トピックス紹介
-晶析に関する国際トレンドを探る-
5.1回分から連続フロー製造への展開
5.2オンラインセンサー(FT-IR、ラマン)利用技術

 

6.まとめ

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023/3/9(木)10:30~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円(2名ともE-mail案内登録必須/1名あたり定価半額の24,750円)

 

テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料39,600円(E-Mail案内登録価格37,620円)

 

定価:本体36,000円+税3,600円
E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円

 

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

電子媒体(PDFデータ/印刷可)

  • 主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
  • 開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売