《1日で習得できる》混合物のラベル・SDS作成講座(JIS改正対応)【提携セミナー】

SDS_ラベル完全マスター

《1日で習得できる》混合物のラベル・SDS作成講座(JIS改正対応)【提携セミナー】

開催日時 2021/11/12(金) 10:30~16:30
担当講師

荒木 明宏 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

★例題の分類結果をもとに、ラベル・SDS作成方法について解説!
★労働安全衛生法改正、GHS、JISなど最新動向を踏まえて!
★基本を学ぶことで、混合物製品のラベル・SDSが作成できるレベルを目指します。

 

(1日で習得できる)

混合物のラベル・SDS作成講座

<JIS改正対応>

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

SDS およびラベルの作成基準は、JIS Z 7253:2019「GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法-ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)」、JIS Z 7252;2019「GHSに基づく化学物質等の分類方法」が発行されており、分類支援ツールとして「事業者向けGHS分類ガイダンス(純物質及び混合物)」令和元年 Ver2.0が、ラベル・SDS作成支援ツールとして日本化学工業協会編集の「GHS対応ガイドライン、ラベル及び表示・安全データシート作成指針」(日本規格協会より購入できる)が公表されています。

 

また、国はSDS作成の支援として混合物のGHS分類(有害性)とラベル作成の自動化ツール(経済産業省よりダウンロード版、NITEよりウェブ版が利用できる)を公開しています。

 

労働安全衛生法では、表示・通知対象物質(674物質)にGHS分類に基づいたラベル・SDSの提供を義務化しており、その他の危険有害な化学物質についてはラベル・SDSの提供を努力義務化しています。このことにより、化学品の譲渡提供者は、労働者へのばく露の可能性のある製品すべてについてGHS分類を実施し、危険有害性のある場合はJIS基準のラべルおよびSDSを作成して、提供する必要があります。

 

また、厚生労働省は、5年以内の法改正を目途に「化学物質への理解を高め自律的な管理を基本とする仕組みの構築」を目指しており、「職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会報告書案」では、特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則、鉛中毒予防規則、粉じん障害防止規則、四アルキル鉛中毒予防規則は、自律的な管理の中に残すべき規定を除き、5年後に廃止することを想定し、国がばく露濃度等の管理基準を定め、危険性・有害性に関する情報の伝達の仕組みを整備・拡充し、事業者はその情報に基づいてリスクアセスメントを行い、ばくく露防止のために講ずべき措置を自ら選択して実行することを原則とする仕組みに見直すことを報告しています(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06355.html)。

 

報告書案では、全ての GHS 分類済み危険有害物(政府分類がされ、NITEで公表されている数千物質)をラベル表示、SDS 交付の義務対象に追加、安衛法57条の2の記載すべき項目として「推奨用途と使用上の制限」の追加と「推奨用途での使用における吸入又は接触を保護具で防止することを想定した場合に必要とされる保護具の種類」の記載、ラベル表示及び SDS 交付義務の対象から除外されるものとして「家庭用品品質表示法に基づく表示がなされているものであることの明確化」と流通形態によらず(一般店舗販売やインターネット販売を含め)ラべル表示・SDS 交付の義務対象とすることや、危険有害性情報を5年以内こ゛とに確認し、更新されている場合は SDS の記載内容を改正し、一定期間内(1年以内)にラベルを変更するとともに SDS を再交付するよう通達を見直すとしています。

 

本講座では、ラベルとSDSの法的な位置づけとGHS6版とJIS規格(改正版)について説明します(GHS7版とGHS8版については6版からの変更点のみ簡単に紹介します)。単一物質のGHS分類結果(国または事業者が実施したGHS分類結果)を利用した混合物のGHS分類方法とラベル・SDSの作成方法について、モデル混合物を例に解説します。混合物のGHS分類、ラベル・SDS作成の原理原則を理解することで、混合物のラベル・SDSを自力で作成できるレベルを目指します。

 

■受講後、習得できること
・混合物のGHS分類が理解でき、自力で分類できるようになる。
・混合物のGHS分類、ラベル・SDS作成の原理原則が理解できる。
・作成支援エクセルツール:改正JISの対応版としました(注意:エクセルツールはエクセルのコピー&ペースト機能とソート機能を使用するもので、GHS分類、ラベル・SDSを自動作成するものではありません)。

 

担当講師

日本ケミカルデータベース(株) レギュラトリー・コンプライアンス・サービス部 非常勤
日本大学生物資源科学部応用生物科学科 非常勤講師

中央労働災害防止協会労働衛生調査分析センター元副所長
農学博士  荒木 明宏 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.SDSの法的位置づけとJIS、GHSの概要

 

2.混合物のGHS分類
(事業者向けGHSガイダンスに基づき、混合物を例に具体的に説明します)

・混合物分類における単一物質の政府分類、事業者分類の利用
・混合物の物理化学的危険性の分類
・混合物の健康有害性分類基の分類
・混合物の環境有害性の分類

 

3.混合物のGHSラベルの作成
(例題の分類結果をもとにエクセルツールを用いてラベル作成方法について説明します)

・絵表示、警句、注意喚起語、注意書の選択
・注意書の編集

 

4.混合物のSDSの作成
(例題の分類結果をもとにSDS作成方法について説明します)

・SDS作成のための情報収集
・JIS規定の1~16項の記載方法

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年11月12日(金) 10:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】

    47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

     

    【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】

    52,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、41,800円

     

    *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売