塗膜の外観品質に関わる現象の理解と実際【提携セミナー】

塗膜外観品質

塗膜の外観品質に関わる現象の理解と実際【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/11/25(木)13:00~16:30
担当講師

舘 和幸 氏

開催場所

【Live配信】 Live配信セミナー
【Webアーカイブ配信】 Webセミナー

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-Mail案内登録価格: 41,800円

塗膜の外観品質に関わる現象の理解と実際

 

 

塗料開発・塗装技術向上のための、現実に即した現象の観察・評価・機構解析

 

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

仕上がり外観が良好な塗料設計、または塗装をする上で良い仕上がりを得るためには?
原理原則、そして現象の適切な観察・評価をもとに行う機構解明から 肌(平滑性)、光沢(艶)、メタリック塗膜の色調における実際を説く。

豊田中央研究所で上塗りスプレー塗装技術、環境対応型上塗り塗料を中心に研究開発に従事してきた講師が登壇。
肌(平滑性)や光沢(艶)の評価法、メタル片の配向に及ぼす塗料の水性化の影響なども解説!

 

 

セミナー趣旨

塗装において、重要な外観品質である肌(平滑性)や光沢(艶)を支配する凹凸の二つの形成機構(塗着機構、転写機構)、およびメタリック塗膜の色調が同一塗料を用いても使用する塗装機や塗装条件によって変動する機構について解説する。

塗着機構は肌のような比較的長波長の凹凸を形成するもので、スプレー時に形成された凹凸が乾燥・焼付け時に完全にレベリングせずに残存するというものである。転写機構はあらゆる波長の凹凸を形成するもので、乾燥・焼付け時に最上層塗膜(多くの場合、クリア塗膜)が流動しなくなると、基材面や界面の凹凸、顔料の偏在が最上層塗膜の表面にそれぞれ転写されるというものである。
メタリック塗膜の色調変動は、塗膜中のメタル片の配向のみでなく、塗膜中のメタル片の組成(サイズ、濃度)の変動にも起因する。塗膜中のメタル片は、スプレー時に塗料粒子が基材面そのものに衝突することによって配向し、乾燥・焼付け時にはウェット塗膜の収縮によって配向する。この結果として、メタリック塗膜の明度(ハイライト方向)が上昇する。また、塗膜のメタル片の組成は、スプレー時における塗料粒子へのメタル片の不均等な分配と基材面への塗料粒子の選択的な塗着によって変動する。このため、塗着効率が向上すると、メタリック塗膜の明度(ハイライト方向)は低下する。

これらの研究結果を詳述し、上塗り塗膜の重要な外観品質である、肌(平滑性)、光沢(艶)、メタリック塗膜の色調)の形成機構に対する理解を促し、塗料・塗装技術の効率的な開発改良に役立つ知見を解説する。

 

得られる知識
上塗り塗膜の重要な外観品質(肌(平滑性)、光沢(艶)、メタリック塗膜の色調)の形成機構が理解でき、塗料、塗装技術(特に自動車の塗料、塗装技術)の効率的な開発改良に役立つ。

 

受講対象
塗料、塗装技術(特に自動車の塗料、塗装技術)に係わる技術者(自動車塗料メーカー、自動車メーカーなど)。

 

担当講師

舘塗装技術研究所 舘 和幸 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. 自動車塗装
1.1 塗膜構成
1.2 塗装工程
1.3 塗料と塗装工程の変遷

 

2. 塗膜の凹凸形成機構
2.1 塗膜の凹凸と外観品質
2.2 凹凸に依存する外観品質(肌(平滑性)、光沢(艶))の評価法
2.3 塗着機構による凹凸形成
2.3.1 単層(1C1B)塗膜における凹凸形成
2.3.2 ウェットオンウェット積層(2C1B、3Wet)塗膜における凹凸形成
2.4 転写機構による凹凸形成
2.4.1 単層(1C1B)塗膜における凹凸形成
2.4.2 ウェットオンウェット積層(2C1B、3Wet)塗膜における凹凸形成
2.4.3 冷却(焼付温度から室温への温度変化)に伴う凹凸の顕在化

 

3. メタリック塗膜の色調変動機構
3.1 色調の評価法
3.2 メタル片の配向機構
3.2.1 メタル片配向の評価法
3.2.2 メタル片の衝突配向
3.2.3 メタル片の収縮配向
3.2.4 メタル片の配向に及ぼす塗料の水性化の影響
3.3 メタル片組成(サイズ、濃度)の変動機構
3.3.1 メタル片組成に及ぼす塗装条件の影響
3.3.2 塗料粒子へのメタル片の不均等な分配
3.3.3 塗料粒子の選択的な塗着

 

※当日の講演は上記内容で構成しますが、順番などは異なる可能性がありますので、ご了解ください

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【Live配信】 2021/11/25(木) 13:00~16:30
【Webアーカイブ配信】 2021/12/6(月) ごろ配信開始予定(視聴可能期間:約10日間)

 

 

 

開催場所

【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※
【Webアーカイブ配信】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

受講料

一般受講:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の22,000円)

 

テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
定価:本体32,000円+税3,200円 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷編集不可)を主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要です)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※資料付、会場受講のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
★【Live配信】【アーカイブ受講】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売