二酸化炭素削減対策《CO2原料、メタン利用、CO2フリー水素製造、バイオマス・廃プラの利用》【提携セミナー】

二酸化炭素削減対策

二酸化炭素削減対策《CO2原料、メタン利用、CO2フリー水素製造、バイオマス・廃プラの利用》【提携セミナー】

開催日時 2021/4/20(火)10:30~16:30
担当講師

室井 髙城 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 47,300円

~CO2原料、メタン利用、CO2フリー水素製造、バイオマス・廃プラの利用~

 

二酸化炭素削減対策

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

欧州は2050年カーボンゼロを目指してグリーンディールを打ち出した。日本も2050年カーボンゼロを目指すことを発表した。欧州の目指す水素社会と日本が具体的に取り組まなければならない炭素循環技術を解説する。

 

◆ ご講演中のキーワード:
CO2削減, CO2フリー水素, P2G (Power to Gas), e-fuel,廃プラから航空燃料, CO2から燃料・化学品の合成. CO2からポリマーの合成

 

◆ 受講対象者:
・CO2を原料としてエネルギー又は化学品製造をビジネスにつなぎたいと考えている技術者
・廃プラ・都市ゴミを原料としてエネルギー又は化学品を製造したいと考えている技術者
・炭素循環の実際を知りたい開発担当者
・欧州の最新のCO2削減技術を知りたい技術者

 

◆ 本セミナーで習得できること:
・炭素循環の実際
・CO2原料エネルギーと化学品の製造技術
・メタン原料化学品の製造技術
・水素社会で必要な技術
・廃プラスチック, 都市ゴミ原料液化, ガス化技術
・CO2を用いたビジネス

 

担当講師

アイシーラボ 代表 室井 髙城 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. CO2削減対策
1.1 CO2排出の現状
1.2 グリーンディール(欧州水素戦略)
1.3 日本の水素戦略

 

2. CCS
2.1 CO2の分離回収
2.2 CO2のコスト
2.3 欧州で始まったCCSプロジェクト
2.4 EORの現状
2.5 炭酸塩としての固定化
2.6 CCSの課題

 

3. シェールガス革命の現状
3.1 メタンケミストリー
1) メタンからエチレンの合成
2) メタンからメタノール
3) メタンからベンゼン
3.2 合成ガスの製造
3.3ドライリフォーミング
3.4逆シフト反応(CO2の還元)
3.5合成ガスから燃料の合成

 

4. CO2を用いた燃料の合成
4.1 Power to Gas
4.2 LPGの合成
4.3 e-fuel

 

5. CO2を用いた化学品の合成
5.1 メタノールの合成
5.2 軽質オレフィンの合成
5.3 エタノールの合成
5.4 芳香族の合成
5.5 ポリマーの合成

 

6. メタノール, エタノールケミストリー
6.1 メタノール循環社会
6.2 メタノールから燃料, 化学品の合成
MTO, MTP, MTO
6.3 エタノールから化学品の合成
1) エタノールからブタジエンの合成

 

7. CO2フリー水素
7.1 Green水素
7.2 ターコイズ水素
1) 溶融金属法
2) 触媒分解
3) プラズマ法
7.3 電解による水素製造
7.4 共電解
7.5 余剰電力
7.6 水素コスト
7.7 人工光合成開発状況
7.8 燃料電池の現状

 

8. 水素貯蔵輸送
8.1 MCH
8.2 アンモニア
8.3 液体水素

 

9. 廃プラ・都市ゴミ利用
9.1 廃プラの液化(燃料・ナフサ利用)
9.2 廃プラのガス化
9.3 廃プラから軽質オレフィンの製造
9.4 都市ゴミガス化による合成ガスの製造
1) 都市ゴミからメタノールの合成
2) 都市ゴミからエタノール (LanzaTech) (Enerkem)
9.5 廃棄物からジェット燃料の合成
1) エタノールからJet燃料
2) FT合成によるJet燃料

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年4月20日(火) 10:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
    お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売