キャリブレーションの実施と計画書・報告書作成≪GMP省令、ISOに適合した≫【提携セミナー】

キャリブレーション

キャリブレーションの実施と計画書・報告書作成≪GMP省令、ISOに適合した≫【提携セミナー】

開催日時 2024/3/14(木)10:30~16:30
担当講師

田村 純 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★ 校正の定義とは何か? 校正の方法、SOPの作成、適合性評価まで学ぶ!

 

キャリブレーションの実施と計画書・報告書作成
~GMP省令、ISOに適合した~

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

最近では校正、試験、検査の定義もISO等で明確になった、特に製薬分野においては校正行為、試験行為、検査行為や用語においても独善的に理解、解釈している企業が実に多い。
本講では本来のGMPにおける「科学的、技術的」な校正の本意を理解し確認し、実際の製造現場において、どう具体的に展開したらよいかを初学者向けに出来るだけ安易に解説します。

 

 

習得できる知識

  • 校正に関係する最新の正確な「用語」
  • 校正結果に関係する「標準器/物質」「計器の許容値(差)の設定」「校正間隔/周期の設定」「計量計測トレーサビリティの確保」「校正証明書の意味」「校正のSOPの作成」「校正結果からの適合性評価」の理解
  • 計量法的思考からの脱却
  • JCSSとは
  • 最近のDX,DI化への対応
  • 校正に関する教育訓練
  • 改正局方の校正に関する事柄
  • 「不確かさ」の意味

 

 

担当講師

三興コントロール(株) 計測制御サービス事業部 校正技術部 部長 田村 純 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

  • 新しい計測、校正用語
  • 校正の基本
  • 校正システムの構築
  • 測定器、計器の許容値(差)の設定
  • 測定器、計器の校正間隔/周期の設定
  • 校正の方法とSOPの作成
  • 校正点数と回数
  • 校正証明書の意味
  • 計量計測トレーサビリティを確保する
  • 校正結果と適合性評価
  • 点検、試験、検査と校正の違い
  • 校正証明書の意味
  • 校正技術員の教育訓練
  • 計量法的品質管理からの脱却
  • JCSSの本質

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/3/14(木)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)

〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売