沸騰熱伝達式冷却の基礎理論と製品応用指針【提携セミナー】

モノコック厚膜印刷回路

沸騰熱伝達式冷却の基礎理論と製品応用指針【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

鹿野 一郎 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

<電子機器向け次世代型冷却技術>

沸騰熱伝達式冷却の基礎理論と製品応用指針

 

・勢いの増す、電子機器の小型化・高出力化:それに伴う熱の問題に対処する!
・水冷に代わる新たな高性能冷却法:沸騰熱伝達式冷却を学ぶ!

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

電子機器の高性能化、高出力化、小型化が進み、実装技術は大変な勢いで発展している。特に、MPU(Micro Processing Unit)を搭載するコンピュータや半導体レーザダイオードを光源とする加工機械・プロジェクターなどの小型化、静音化を実現するには、放熱設計が重要な役割を果たすが、その対策に苦慮しているのが現状である。本講演では水冷方式に代わる新たな高性能冷却法として沸騰熱伝達を利用した冷却技術について説明する。

 

◆ 受講対象者

  • 電子機器や実装技術に携わる研究者、技術者、開発者
  • 冷却技術や放熱技術など熱のマネジメント・制御に関わっている方
  • 最新技術や次世代の技術について研究調査、情報収集をしている方

 

◆ 本セミナーで習得できること

  • 次世代冷却技術 ―沸騰熱伝達式冷却― の基礎原理
  • 本冷却技術の特徴および他冷却技術・手法との比較
  • 本冷却技術の応用とそのための課題・適用可能性 など

 

担当講師

山形大学 理工学研究科機械システム工学分野 准教授 博士(工学)

鹿野 一郎 氏

 

セミナープログラム(予定)

【第1部 電子機器の冷却法と熱科学の基礎】

1 電子機器部品の発熱
1.1 電子機器部品の発熱はどのくらい?
1.2 様々な冷却方法(空冷・水冷・沸騰熱伝達)
1.3 沸騰熱伝達を利用した冷却法の実用化課題
1.3.1 実用化で求められる冷却能力
1.3.2 電気回路が正常に動くための冷却温度

 

2 熱科学の基礎
2.1 熱伝導について(物体の中の熱の伝わり方)
2.2 熱伝達について(個体面と液体間の熱の伝わり方)
2.3 熱抵抗と熱伝達
2.4 管壁式の熱交換モデル

 

3 電気流体力の基礎
3.1 クローン力、誘電力
3.2 静電圧力

 

4 沸騰熱伝達
4.1 プール沸騰熱伝達について
4.2 強制対流サブクール沸騰について
4.3 限界熱流束向上のための技術
4.4 実用的な伝熱面温度での沸騰熱伝達利用
4.5 冷媒の選定

 

【第2部 沸騰熱伝達の課題】

1 電界印加によるプール沸騰熱伝達促進技術
1.1 電界印加による限界熱流束向上技術
1.2 電界印加による沸騰熱伝達促進モデル
1.3 実験装置と方法
1.4 実験結果と考察
1.5 沸騰促進モデルによる解析と予測式

 

2 接触角変化と電界印加を組合せた場合の沸騰熱伝達促進
2.1 実験装置と方法
2.1.1 電極の寸法と熱流束測定法
2.2 実験結果と考察
2.2.1 ダイヤモンド粒子電着法による接触角の変化
2.2.2 めっき法による接触角の変化
2.2.3 接触角変化と電界印加の組合せ
2.3 プール沸騰熱伝達の課題

 

3 強制対流サブクール沸騰熱伝達
3.1 実験装置と方法
3.2 実験結果と考察
3.2.1 沸騰曲線と気泡の挙動
3.2.2 電界強度の影響
3.2.3 姿勢変化による影響

 

4 冷却能力の目標値と達成状況
4.1 他の冷却方式との比較と研究の達成状況

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売