バイオマテリアルの生体適合性のメカニズム解明およびデータ科学による材料設計【提携セミナー】

バイオリアクターおよび培養操作

バイオマテリアルの生体適合性のメカニズム解明およびデータ科学による材料設計【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

林 智広 氏

開催場所 未定
定員 30名
受講費 未定

最近注目を集めている情報科学のバイオマテリアル設計への応用可能性、

データベース構築、アルゴリズムの選択等実例を交えながら解説致します!!

バイオマテリアルの生体適合性のメカニズム解明

およびデータ科学による材料設計

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

本セミナーでは、人体と人工材料が触れた際に、その界面で起こる分子プロセス、細胞・組織応答に関して概説します。

全てのバイオデバイスの性能、組織・固体応答の起点となる界面の分子プロセスについて議論し、抗タンパク吸着特性、抗細胞接着特性、血液適合性の物理的起源について、近年の研究を紹介しつつ解説します。

また、後半では情報科学を用いたバイオマテリアル設計について解説します。最近注目を集めている情報科学の、バイオマテリアル設計への応用可能性を議論し、データベース構築、アルゴリズムの選択に関して、実例を交えながら解説します。また、最後に初心者のための情報科学的手法のツールについても紹介します。

 

◆キーワード

生体材料、生体適合性、情報科学、バイオマテリアル、セミナー、講習会

 

 

担当講師

東京工業大学 物質理工学院 材料系 准教授 林 智広 氏

 

セミナープログラム(予定)

 

1.はじめに・バイオマテリアル概論
1-1生体適合性とは
1-2生体適合性研究の歴史・生体適合性の定義の変遷

 

2.抗タンパク吸着特性・抗細胞接着特性のメカニズム
2-1様々な手法を用いたバイオ界面の解析
2-2原子間力顕微鏡による材料観察
2-3表面間力測定
2-4表面選択的振動分光
2-5質量分析による表面吸着タンパク質の解析

 

3.情報科学を用いたバイオマテリアル設計
3-1なぜ、バイオマテリアル分野で成功例が少ないか?
3-2どの様なデータが必要か?: データベースの構築方法
3-3アルゴリズムの選択
3-4データベースの質の重要性
3-5機械学習を用いたスクリーニング~はずれのない材料設計へ
3-6今後の展望

《質疑応答》

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売