ディープラーニングの基礎と実践【提携セミナー】

ディープラーニングの基礎_実践

ディープラーニングの基礎と実践【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/4/28(水)10:30~16:30
担当講師

太田 桂吾 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

☆はじめて学ぶ方にも最適な講座!

基礎から具体的な実践方法をわかりやすく解説する!

 

ディープラーニングの基礎と実践

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

機械学習/ディープラーニングに取り組むために初歩の理論と実践の方法を学びます。

 

前半はなるべく数式を使用せず、データ処理、機械学習を説明します。後半は、ディープラーニングの基礎を解説し、Windowsでの環境構築方法から、自身のもつデータを分析する実践方法をデモ形式にて解説します。

 

講演後、すぐにディープラーニングを実践できることを目標とします。

 

◆ 受講対象・レベル

ディープラーニングに興味があり、実践したい方

 

◆ 必要な予備知識

特に予備知識は必要ありません

 

◆ 習得できる知識

・データ処理の基本(理論と実践)
・機械学習/ディープラーニングの基本(理論と実践)

 

担当講師

(株)ネクステージ AIアナリスト 太田 桂吾 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.機械学習/ディープラーニングを行う際に必要なデータ処理の基本
1-1 データの定義
1-2 扱うデータの特性を把握する
(1)時間軸/場所の考慮
(2)データを発生させるもの
1-3 データの前処理
(1)データの抜け、異常値への対応
(2)データの量を調整する(増やす/減らす)
(3)データの次元を削減する
1-4 ディープラーニングの精度を上げるためにどのようなデータを用意するか?
(1)必要となるデータの量
(2)データクレジング
(3)フレームワークでの処理
1-5 サンプルデータの説明
(1)デモで使用するサンプルデータの説明

 

2.機械学習/ディープラーニングの数理・確率論~対象物を数値情報へ変換する~
2-1 分布
2-2 次元とベクトル
2-3 画像を数値情報へ変換する
2-4 言語を数値情報へ変換する
2-5 音を数値情報へ変換する
2-6 状態を数値情報へ変換する

 

3.機械学習の基礎と実践
3-1 機械学習の基本
(1)データがモデルをつくる
(2)学習結果をどう受け取るべきか
3-2 学習の種類
(1)教師あり学習の基本
(2)教師なし学習の基本
(3)強化学習の基本
3-3 結果の分類
(1)回帰
(2)クラス分類
3-4 Windowsで機械学習環境をオープンソースにて構築
(1)使用可能なオープンソース一覧
(2)Pythonの設定(Windows7端末の例)
3-5 サンプルデータを機械学習で処理
(1)何を導き出したいか?の定義
(2)使用できるモデルは?
(3)Pythonを実行し結果を得る
3-6 機械学習のプログラム解説

 

4.ディープラーニングの基礎と実践
4-1 機械学習とディープラーニングの違いは?
(1)ニューラルネットワークとは
(2)生じた誤差の吸収
(3)特微量の抽出/学習の方法
4-2 ディープラーニングを分類し、その特徴を把握する
(1)畳み込みニューラルネットワーク CNN(Convolutional Neural Network)
(2)再帰型ニューラルネットワーク RNN (Recurrent Neural Network)
(3)強化学習 (Deep Q-learning)
4-3 Windowsでディープラーニング環境をオープンソースにて構築
(1)TensorFlow
(2)Chainer
4-4 サンプルデータをディープラーニングで処理
(1)TensorFlowで動かし結果を得る
(2)Chainerで動かし結果を得る
4-5 ディープラーニングのプログラム解説
(1)TensorFlowの解説
(2)Chainerの解説
4-6 解析結果の考察とチューニング
(1)TensorFlow
(2)Chainer
4-7 精度を上げるためにいかにパラメータを最適化するか?
4-8 過学習の判断基準
4-9 その他、実践にあたり注意すべきこと

 

5.このセミナーだけで終わらせないために
5-1 twitter/ブログを通じた情報の収集
5-2 より高速な環境を求める場合

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年04月28日(水)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売