品質機能展開実践(QFD)の基本と活用法【提携セミナー】

QFDの基本と活用

品質機能展開実践(QFD)の基本と活用法【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/12/13(月)10:00~16:00
担当講師

上條 仁 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 -
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)
他の技法(FMEA・FTA・TRIZ・タグチメソッドなど)との連携など
本当に役立つQFDを理解しよう!!

 

品質機能展開実践(QFD)の基本と活用法

 

 

《課題の視える化・開発効率向上・未然防止への展開》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

品質機能展開(QFD)は日本で生まれた技法です。顧客満足(CS)の確保、品質やサービスの向上、新製品開発における課題の明確化・共有化のツールとして活用している企業が多いのですが、企業の業務内容の詳細な因果関係も明確にできることから、社外秘的に扱われ、事例として出ているものは少ないのも実態です。また、DR(デザインレビュー)にて活用し有効に機能している企業もありますが、表を作ることが主体となってしまい、時間がかかる割には、成果が見えてこない、管理職においても見方がわからなく、良し悪しの判断もできず、有効に機能していないのという事も散見されます。

未然防止の技法であるFMEAの実施の事前準備として品質機能展開を必須としている企業(トヨタ自動車の記事:日経ものづくり2019年5月)も多く、有効活用することで、未然防止の効果効率が向上します。

狭い範囲、部署内での活用も有効です。事例を通して、使いやすい、役立つ品質機能展開についてわかりやすく解説します。

 

◆習得できる知識

  • 品質機能展開(QFD)を実践にむけて、その本質を理解することによって、課題の視える化(共有化)、DR(デザインレビュー)での活用等により、開発業務等の効率を向上できる
  • 品質機能展開(QFD)の活用法として、他の技法(FMEA・FTA・TRIZ・タグチメソッドなど)との関連と連係、特に未然防止への効果活用を理解できる。
  • 現状の業務への適用方法が事例を交えて理解できる。

 

◆キーワード

品質,QFD,未然防止,品質表,DR,新製品開発,WEB,セミナー,オンライン

 

◆特典
・講師作成の資料(品質表原紙や品質表事例集のExcel、参考資料のpdf等)をセミナー後、ご希望の方へ講師よりメール配信します。

 

 

担当講師

CS-HK 代表 上條 仁 氏

<専門>
発明的問題解決法 (TRIZ)  品質機能展開 (QFD)  デザインレビューの効率化  故障モード影響解析 (FMEA・DRBFM)  不良の木解析 (FTA)
品質マネージメントシステム指導 (ISO9001・IATF16949)

<略歴>
1983年 :(株) 日立製作所入社 日立工場パワーデバイス開発センタにて電力用半導体設計開発
1997年 :半導体グループ汎用半導体事業部・自動車用半導体設計開発
1998年 :半導体グループ品質信頼性保証本部ISO9001/QS9000(現IATF16949)事務局  品質機能展開 (QFD) にて日立全社普及展開活動推進
2002年 :(株)日立製作所を退社し、コンサルタントスタート
著書:「本当に役立つTRIZ」日刊工業新聞社(2008年)共著
「常識をくつがえすモノづくり発想法講座」工学研究社(2010年)共著
「本気で取り組むFMEA」日刊工業新聞社(2018年)

 

セミナープログラム(予定)

1.品質機能展開(QFD)とは
1-1.QFDとは
1-2.品質表とは

 

2.新製品開発活動の課題
2-1.品質の確保
2-2.よい品質とは
2-3.顧客満足のしくみ
2-4.新製品の開発における活用

 

3.品質機能展開(QFD)の実施
3-1.新製品開発活動における重点
3-2.品質表の作成法:要求品質表の作成~目標設定
3-3.未然防止活動への展開、故障予測~再発防止
3-4.QFDで期待される効果とその指標
3-5.今、どうしてQFDが見直されているのか

 

4.デザインレビューでの活用
4-1.デザインレビューとは
4-2.デザインレビューの目的、QFDの活用法
4-3.デザインレビューの誤解
4-4.デザインレビューを効率化のために

 

5.事例紹介
5-1.部品メーカ(下請け等)での品質表(顧客要求仕様からの展開事例)
5-2.研究部門での品質表(部門間の業務効率化事例)
5-3.製品開発フローへの展開事例

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年12月13日(月) 10:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
★3名以上同時申込は1名につき27,500円(税込)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付き

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売