薬物動態の基礎と活用(2日間講座)【提携セミナー】

薬物速度論

薬物動態の基礎と活用(2日間講座)【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

土井 孝良 氏

開催場所 未定
定員 20名 
受講費 未定
各パラメータの意味とデータの読み方、併用薬による毒性発現機作とは?

薬物動態の基礎と活用

(2日間講座)

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

(1) 薬物動態の変動要因:
薬物の吸収、分布、代謝、排泄、相互作用の基本を説明し、薬物の生体内動態に影響を与える要因の全体像を解説する。

(2 )薬物動態の解析:
コンパートメントモデルを用いた薬物動態速度論の各パラメータを知り、その意味を理解し、グラフを描き、練習問題を解くことにより、薬物動態データの読み方を解説する。さらに、非線形モデルを含むその他の薬物速度論についても解説する。

(3) 薬物動態の活用:
・新薬開発において血漿タンパクとの結合が薬物の薬効・毒性に与える影響・考え方を解説する。
・薬物動態の基礎知識を修得したうえで、薬の毒性発現メカニズム、特に代謝的活性化、薬物相互作用に起因した毒性発現機作を解説する。さらに、薬物に起因した肝毒性、ホスホリピドーシスについて解説する。

 

◆習得できる知識

  • 薬の吸収、分布、代謝、排泄、相互作用の基礎が理解できる。
  • 薬物動態速度論の各パラメータの意味を明確に理解できる。
  • 薬物の血漿タンパクとの結合が薬効・毒性発現に与える影響を理解できる。
  • 副作用発現の事例から、その発現機作、薬物相互作用を理解できる。
  • 薬物に起因した肝毒性、ホスホリピドーシスを理解できる。

 

◆受講対象

医薬品開発に携わって数年の方

 

◆キーワード

薬物動態,ADME,タンパク結合,解毒解析,薬効,セミナー,研修,講座

 

 

担当講師

名古屋市立大学薬学部 臨床薬学部門
客員研究員、非常勤講師
土井 孝良 氏

 

《専門》
医薬品開発、薬物動態、安全性評価

 

《略歴》
1979年3月九州大学理学部化学科卒(酵素化学専攻)
1981年3月九州大学薬学研究科修士課程修了(衛生裁判化学専攻)
1981年4月武田薬品工業に入社(33年間勤務)
医薬研究本部薬剤安全性研究所で薬物動態及び安全性評価を担当
その後、実験動物室室長、研究戦略部情報G主席部員
2014年4月より日本薬科大学臨床薬学部門教授
2021年4月より名古屋市立大学薬学部臨床薬学部門、現在に至る。
日本トキシコロジー学会評議員、日本薬学会、日本薬物動態学会、日本法中毒学会、安全性評価研究会に所属

 

セミナープログラム(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪1日目≫ 1月27日 13:00~16:30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.薬物体内動態
1)薬物の生体膜通過
1-1 単純拡散
1-2 能動輸送
1-3 促進拡散
1-4 膜動輸送
2)吸収
2-1 小腸
2-2 リンパ管系
2-3 口腔、その他
2-4 影響因子
2-5 Caco2及び iPS細胞由来小腸上皮細胞
3)分布
3-1 薬物分布に影響を与える因子
3-2 脳への薬物の移行
4)代謝
4-1 代表的な薬物代謝酵素
4-2 薬物代謝酵素の変動要因
4-3 遺伝的素因
5)排泄
5-1 腎排泄
5-2 胆汁中排泄
5-3 腸管循環
6)薬物相互作用
6-1 代謝過程
6-2 排泄過程
6-3 薬力学的(薬理学的)作用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2日目≫ 1月28日 10:30~16:30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.薬物動態解析

1)1-コンパーメントモデル
1-1 静脈内投与モデル
・体内の薬物の消失速度、消失速度定数
・血中薬物濃度式と半減期、分布容積、全身クリアランス、AUC
・簡単な数学と演習問題
1-2 経口投与モデル
・血中薬物濃度式
・吸収速度定数と消失速度定数
・CmaxとTmax
1-3 クリアランス
・組織クリアランスと固有クリアランス
・肝クリアランス、腎クリアランス、初回通過効果
1-4 バイオアベイラビリティ
・絶対バイオアベイラビリティと相対バイオアベイラビリティ
・量的バイオアベイラビリティと速度的バイオアベイラビリティ
・生物学的同等性
1-5 2-コンパートメントモデル
1-6 非線形速度論
1-7 線形と非線形速度論のまとめ
1-8 生理学的モデル
1-9 線形1-コンパートメントモデルでの点滴静注
1-10 線形1-コンパートメントモデルでの繰り返し投与
1-11 モーメント解析
1-12 母集団薬物速度論
1-13 薬物動態変動(疾病、妊娠、加齢、生活環境など)
1-14 TDM (therapeutic drug monitoring)
1-15 PK/PD解析

 

3.新薬開発におけるタンパク結合の評価
・血漿中の主な結合タンパク質
・タンパク結合の変動要因
・承認薬のタンパク結合率の推移
・ドラッグデザインにおけるタンパク結合
・臨床におけるタンパク結合の影響
(オピオイド鎮痛薬:モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルを例に)

 

4.薬物の代謝的活性化、相互作用に起因した毒性発現
4-1 肝毒性
・中毒性肝障害
・アレルギー性肝障害
4-2 ホスホリピドーシス(リン脂質症)
4-3 アセトアミノフェン
・肝毒性発現のメカニズム
・アセトアミノフェン中毒の解毒
4-4 ソリブジン
・代謝酵素の特性
・薬物の相互作用に起因した毒性発現
4-5 ワルファリン
・代謝酵素の遺伝的多型
・薬物の相互作用に起因した毒性発現
4-6 リファマイシン
・黄疸発現のメカニズム
・併用毒性

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付
・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売