無菌医薬品包装規制および完全性評価手順・各種漏れ試験方法のポイント【提携セミナー】

無菌医薬品包装規制および完全性評価手順・各種漏れ試験方法のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/7/13(水)13:00~16:30
担当講師

樋口 泰彦 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

☆「無菌医薬品の包装完全性評価」において収載方針・現状の問題点・対応策とは?

☆許容漏れ限度設定手順を実例を交え解説!!

 

無菌医薬品包装規制および

完全性評価手順・各種漏れ試験方法のポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

医薬品包装の完全性評価については,2006 年頃から検討が始り,日局 17 では製剤総則・製剤包装通則に「医薬品包装の原則および包装適格性」および参考情報「医薬品包装における基本的要件と用語」が収載され 2016 年 3 月 告示された。また,同年 USP,PIC/S GMP ガイドなどの国内外の動向を踏まえ完全性試験法の充実を図り日本薬局方原案審議委員会の下編成されたワーキンググループにより「無菌医薬品の包装完全性評価」及び「無菌医薬品包装の漏れ試験法」の原案が作成され 2021 年 6 月に日局 18 に収載,告示された。この様に包装完全性評価は長年にわたり懸案事項として議論されてきた重要テーマである.この度,日局18において考え方,評価基準、試験法が示されたことで,より具体的な実施段階への道筋が見通せる状況となった。本講演では,日局 18 参考情報「無菌医薬品の包装完全性評価」においてその収載方針と現状の問題点を示し,対応策としての欠陥を基準としたステージ毎の許容漏れ限度設定手順を実例を交え解説する。また,収載された標準的漏れ試験法について,その測定原理,特徴,留意点について圧力変化法およびヘリウム試験法を中心に詳細に解説し具体的な管理基準確立に資するものとした。

 

◆習得できる知識

第18改正日本薬局方参考情報「無菌薬品の包装完全性評価及び漏れ試験法」について
1.JP18およびUSP<1207>の対比と要求事項について
2.JP17からJP18で大きく変わった考え方(包装完全性評価基準)
3.包装完全性分析手順および設定手順
4.各種漏れ試験法の原理、特徴、留意点、選定基準
5.今後の課題について

 

◆キーワード

無菌医薬品、医薬品包装、漏れ試験、完全性評価、JP18、講習会、セミナー

 

担当講師

株式会社フクダ 医薬品等包装プロジェクト 取締役 統括 樋口 泰彦 氏

 

《略歴》
1977年同社入社以来、生産管理、国内営業、海外営業、営業企画など、工場管理とマーケティング部門を担当し、電子部品業界などへの参入に尽力した。
2018年にMUH-0100(世界最高レベルのヘリウム漏れ試験装置 10-15Pam3/s)を同業界に発表した。
一方、医薬品業界に対しては2016年 PMDAが主官する 日本薬局方原案審議委員会「無菌医薬品包装の完全性評価WG」に参画し第18改正薬局方 参考情報(無菌医薬品包装の完全性評価および漏れ試験法)の執筆に携わり2021年6月公告された。同時に日本薬局方技術情報(JPTI2021)を執筆し同年7月に刊行された。
この間、日本PDA製薬学会、ISPE日本本部、創包工学研究会などのCCIT関連委員会に参加し、医薬品包装のバリア性に関する検討を行い、同委員会を通じ局法に関するセミナーや完全性要素技術開発を産総研との共同研究などを行っている。

 

セミナープログラム(予定)

1.医薬品包装の現状

 

2.問題点

 

3.医薬品における包装完全性

 

4.欠陥に対する考え方と分析法

 

5.漏れ試験基準の設定手順

 

6.漏れ試験法解説

 

7.標準欠陥と漏れ測定装置

 

8.今後の課題

 

参考文献

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年07月13日(水) 13:00~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売