希土類蛍光体・セラミック蛍光体の基礎、特性と効率の支配因子と物性評価法【提携セミナー】

希土類蛍光体・セラミック蛍光体

希土類蛍光体・セラミック蛍光体の基礎、特性と効率の支配因子と物性評価法【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/21(月)10:30~16:30
担当講師

田部 勢津久 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-Mail案内登録価格: 46,970円

希土類蛍光体・セラミック蛍光体の基礎、特性と

効率の支配因子と物性評価法

 

 

■白色LEDと蛍光体、透光性セラミック、結晶化ガラス、高演色性へ■

■希土類添加蛍光体材料、蛍光寿命、量子効率、温度依存性、色覚、絶対量子効率■

 

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

★ 1日で蛍光体材料を徹底マスター! 発光効率の支配因子とは?
★ 光学遷移、蛍光寿命、量子効率、温度依存性、各種蛍光体を丁寧に解説いたします。
★ さらなる高い耐熱性、発光効率を有する無機蛍光体へ!

 

セミナー趣旨

白色LEDの高出力化と一般照明への展開において、波長変換と演色性向上を担っている希土類蛍光体が重要であり、より高い耐熱性、発光効率を有する蛍光体開発への期待が高まっている。
本講演では、蛍光体変換型白色LEDに用いられる代表的な希土類蛍光体、セラミック蛍光体について、固体と発光中心の電子構造、発光機構、発光波長、効率の支配因子と特性評価法について解説する。

 

<得られる知識、技術>
白色LEDの仕組み、蛍光体材料の発光機構、ホストによる波長シフトの原因、発光効率の支配因子への理解、蛍光体の量子収率測定技術、色覚と演色性の関係

 

担当講師

京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授 田部 勢津久 氏

 

セミナープログラム(予定)

<プログラム>
1.固体照明と白色LED
1.1 照明の歴史と光源効率
1.2 白色LEDの種類
1.3 蛍光体変換型LEDと希土類蛍光体

 

2.希土類添加蛍光体材料における光学遷移
2.1 元素の周期律と電子軌道
2.2 4f、5d電子軌道の特徴
2.3 多電子系電子状態のRussel-Saunders表記
2.4 f-d電子遷移とその応用
2.5 輻射、無輻射遷移確率と蛍光寿命、量子効率
2.6 蛍光減衰、測定法と解析法
2.7 配位座標モデル
2.7.1 Franck-Condonの原理
2.7.2 振動準位とスペクトル線幅
2.7.3 消光失活過程
2.8 エネルギー移動と増感現象
2.8.1 多極子相互作用機構
2.8.2 原子価間電荷移動IVCT機構
2.8.3 金属間電荷移動MMCT機構
2.8.4 交差緩和失活確率と温度依存性
2.9 熱イオン化過程と光伝導

 

3.蛍光寿命、量子効率、その温度依存性
3.1 蛍光減衰曲線
3.1.1 測定法の実際,寿命算出で気をつけるべきこと
3.1.2 減衰曲線に立ち上がりがある場合の理由と解析法
3.1.3 無輻射遷移確率と量子効率の評価法
3.2 蛍光寿命と量子効率の関係
3.3 多フォノン放出過程と確率
3.3.1 エネルギーギャップ則
3.3.2 フォノンエネルギー依存性とホスト選択
3.3.3 多フォノン緩和確率の温度依存性とそのエネルギーギャップ依存性
3.4 エネルギー移動と蛍光減衰曲線
3.4.1 ドナーの蛍光減衰曲線からエネルギー移動効率を求める
3.4.2 エネルギー移動効率と蛍光寿命の関係
3.5 蛍光体量子収率とLED光源効率

 

4.Ce(III)ガーネット蛍光体
4.1 Ce3+の電子準位とガーネット結晶ホスト
4.2 ガーネットにおけるCe3+:5d軌道分裂と波長シフト
4.3 発光量子効率の支配因子:組成、電子構造
4.4 高出力化に向けたセラミック蛍光体
4.5 発光効率の温度消光とその原因

 

5.色覚のメカニズムと色度座標
5.1 ヤングーヘルムホルツの3色説と等色実験
5.2 三刺激値とXYZ表色系
5.3 色度座標と相関色温度

 

6.Eu(II)蛍光体
6.1 Eu2+の電子準位と結晶場分裂、波長シフト
6.2 BOSE系(ケイ酸塩)蛍光体
6.3 結晶化ガラス蛍光体
6.4 還元焼成条件とMӧssbauer分光法による価数評価

 

7.絶対量子効率:積分球測定の実際
7.1 全光束、全放射束測定の重要性
7.2 誤差の原因と留意点
7.3 自己吸収補正とは?
7.4 蛍光体の量子収率の求め方

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/2/21(月)10:30~16:30

 

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料は開催日の4~5日前に、お申込み時のご住所へ発送いたします。
※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売