流体力学入門講座《流体機器の内部流れと圧力損失》【提携セミナー】

流体機器の圧力損失

流体力学入門講座《流体機器の内部流れと圧力損失》【提携セミナー】

開催日時 2024/7/26(金) 10:00~17:00
担当講師

西海 孝夫 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 57,200円 (本体価格:52,000円)
会員: 51,700円 (本体価格:47,000円)

★受講特典★

 西海孝夫 著・一柳孝義 著【演習で学ぶ「流体の力学」】をお渡しいたします。

詳細はこちら

https://www.shuwasystem.co.jp/book/9784798067940.html

 

流体力学入門講座

《流体機器の内部流れと圧力損失》

 

《内部流れの基礎、すきま流れ、管路要素とバルブの圧力損失》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

機械を設計する際に、少なからず流体が機器内に介在し、その特性が性能に影響を及ぼしたり、不可解な流動現象を引き起こしたりすることがあると思います。そのようなとき、様々な観点から流体力学の知識の必要性を実感するはずです。

 

この講演では、流体の性質や流体機器内部で生じる流体の漏れ、流れの絞り、静圧軸受、流体力などについて、とくに水や油に代表される液体の内部流れに焦点を絞り、流体力学の基礎的事項を初学者向けに解説します。

 

まず、流体の性質および基礎的な用語と単位を紹介し、流れていない静止流体中での圧力について解説します。つぎに、流体機器内部での流れを考える上で、重要な公式やその利用方法について解説します。さらに、流体機器内には、多くのすきまが存在しますので、漏れや摩擦抵抗を見積もる公式と利用方法について解説します。最後に、流体機器は管路をはじめ流体が流れ難くなる絞り部・管路要素・バルブなどで構成されていますので、これらの圧力損失について解説します。なお、受講にあたり微分積分と力学の基礎知識を必要とします。

 

◆習得できる知識

  • 大学課程での流体力学の基本的な概念を系統的に学習できる。
  • 流体機器の設計者が必要とされる知識を習得でき実務に反映できる。

 

◆受講対象

  • 製造業において機械設計技術者の方
  • 大学で流体力学を受講していない技術者
  • 流体機器の開発・設計・保全の業務に携わっている方
  • 水や油などの液体を機械の中で扱っている技術者
  • 機械系大学・大学院への編入・入試受験希望者

 

◆必要な前提知識

  • 高校ならびに大学1学年程度の数学と物理(微分積分と力学)の知識

 

◆キーワード

流体力学、内部流れ、すきま流れ、圧力損失、ベルヌーイの定理、バルブ、セミナー

 

担当講師

芝浦工業大学UniKL-JUPプログラム 機械工学科 非常勤講師
(元 防衛大学校教授、元 芝浦工業大学教授) 西海 孝夫 氏

 

【ご専門】
油圧工学、流体力学、制御工学、機械要素、機構学、工業力学

【ご略歴】
1953年10月東京生まれ。青山学院高等部を経て、青山学院大学理工学部機械工学科卒業、成蹊大学工学研究科博士前期課程機械工学専攻修了、成蹊大学助手、防衛大学校助手、講師、助教授、教授、芝浦工業大学教授を経て、現在、芝浦工業大学UniKL-JUPプログラム 非常勤講師、博士(工学)、油圧をはじめ流体力学など機械工学の教育研究に従事。

 

セミナープログラム(予定)

1. 流体の性質と基礎
1.1 流体力学とは?
1.2 流体の性質と単位
1.3 静止流体の力学

 

2.内部流れの基礎
2.1 流量と圧力
2.2 圧力とせん断応力
2.3 レイノルズ数(層流と乱流)
2.4 連続の式
2.5 ベルヌーイの定理
2.6 運動量の法則

 

3.すきま流れ
3.1 平行平板間の流れ
3.2 移動壁面のすきま流れ
3.3 環状すきま流れ
3.4 放射状すきま流れ
3.5 傾斜すきま流れ

 

4.内部流れの圧力損失
4.1 管路内の流れ
4.2 絞り流れ(オリフィスとチョーク)
4.3 キャビテーション

 

5.管路要素とバルブの圧力損失
5.1 管路要素などによる損失
5.2 管路の広がりによる損失
5.3 管路の狭まりによる損失
5.4 曲がりによる損失
5.5 バルブの損失
5.6 管路システムの損失

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年07月26日(金) 10:00~17:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員:  57,200円 (本体価格:52,000円)
会員:  51,700円 (本体価格:47,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で57,200円(税込)から

  • 1名で申込の場合、51,700円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計57,200円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付(製本テキスト+特典書籍)※データの配布はありません。
    ※ご自宅への送付を希望の方はメッセージ欄にご記入ください。
    ご指定が無い場合はお申込み時の住所へ郵送いたします。

    ※直前のお申込みの場合、当日まで間に合わない可能性がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売