高分子の劣化・変色のメカニズムと寿命評価及びトラブル解析事例【提携セミナー】

高分子の劣化メカニズム_寿命評価

高分子の劣化・変色のメカニズムと寿命評価及びトラブル解析事例【提携セミナー】

開催日時 2021/2/22(月)10:30~16:30
担当講師

仲山 和海 氏

開催場所

東京都江東区東陽4-5-18

江東区産業会館 第6展示室

定員 15名
受講費 非会員:55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

各種ポリマーの弱点を中心にポリマー選択の際の注意点や、高分子材料の

劣化評価法、劣化解析法、寿命予測のポイントについて実例を交えて解説!

 

高分子の劣化・変色のメカニズムと

寿命評価及びトラブル解析事例

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について  ★

 

2020年4月10日から当面の間、R&D支援センターが主催するセミナーでは、以下のような対策を徹底して実施いたします。

 

【新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策】
・発熱、風邪等の症状がある方は受講をご遠慮いただく。
・定員を少数にして、講師との距離、受講者間の距離を確保する。(一部のセミナーを除く)
・約1時間に1度休憩をとって換気を行う。(外窓や入口ドアの開放、換気扇の使用等)
・衛生面を考慮して、無料で提供していた昼食の弁当配布を休止する。
・会場にアルコール消毒液を設置する。こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。
・マスクの用意、咳エチケットの徹底を受講される皆様にお願いする。
・原則としてスタッフと講師もマスクを着用する。

 

【キャンセル規定】
開催日から起算して営業日で8日前までにご連絡をいただければ、キャンセルを受け付けます。それ以降は欠席扱いとなり、テキストを郵送させていただきます。

 

 セミナー趣旨

ゴム・プラスチックに代表される高分子材料は使用環境に存在する劣化因子により劣化を生じ、寿命を迎え時には大事故につながることさえある。したがって、高分子材料を有効に使用するためには劣化を正しく理解し、適切な劣化対策を施す必要がある。

 

そこで、本講ではまず劣化・変色メカニズムを概説し、劣化対策手法を解説する。また、各種ポリマーの弱点を中心にポリマー選択の際の注意点や、高分子材料の劣化評価法、劣化解析法について実例を交えて解説する。さらには、寿命予測の基本的な流れやポイントを解説し、予測された寿命の正しい解釈について説明する。

 

 受講対象・レベル

  • ゴム・プラスチックなど高分子材料に関連する技術者、開発者
  • 高分子材料を用いた製品の技術者、開発者、品質保証担当者

 

 習得できる知識

  • 高分子材料の劣化の基礎
  • 高分子材料の劣化・変色解析のための分析法
  • 高分子材料の劣化対策
  • 高分子材料の寿命予測法

 

 キーワード

  • 高分子、樹脂、プラスチック、ポリマー、ゴム、劣化、変色、解析、分析、対策

 

担当講師

(一財)化学物質評価研究機構 東京事業所 高分子技術部 課長 博士(工学) 仲山 和海 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.高分子材料の劣化メカニズム
1-1.劣化因子
・熱劣化
・光劣化
・金属による劣化など
1-2.自動酸化反応
1-3.ポリマーの劣化と高分子材料の劣化
1-4.高分子材料の劣化とトラブルの関係

 

2.変色原因
2-1.なぜ変色が起きるのか?(変色の化学)
2-2.ポリマーの劣化による変色
2-3.酸化防止剤による変色
2-4.付着による変色

 

3.劣化及び変色解析のための分析法
・FT-IR
・DSCによる酸化開始温度
・GPC
・TG
・ESR
・NMR
・XPS
・EPMA
・定量的劣化分析法

 

4.劣化対策
4-1.劣化対策のアプローチ
4-2.劣化対策のための劣化原因解析
4-3.材料選択による劣化対策
4-4.添加剤の選択による劣化対策
4-5.各種材料の弱点
4-6.ゴムの劣化対策
・老化防止剤の機能
・効果的な配合例
4-7.プラスチックの劣化対策
・酸化防止剤の機能
・光安定剤の機能
・紫外線吸収剤の機能
・効果的な配合例
4-8.対策の検証

 

5.寿命予測法
5-1.寿命の考え方
5-2.劣化評価と寿命評価の関係
5-3.寿命評価の流れ
5-4.寿命評価のポイント
・現実との乖離
5-5.寿命のばらつき

 

6.劣化及び変色解析事例,寿命評価例
6-1.加硫ゴムの劣化
・加硫ゴムのオゾン劣化
・加硫時の水分が加硫NRの寿命に与える影響
・ブルームによる白化
6-2.プラスチックの劣化・変色
・ポリウレタンの変色
・ポリカーボネートのアミン系物質による白化
・ヒンダードフェノール系酸化防止剤による変色
・ヒンダードアミン系光安定剤による変色
・接触移行による変色
・二酸化チタンによるポリ塩化ビニルの変色
6-3.アレニウス法による寿命評価
6-4.アイリング法による寿命評価

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年02月22日(月)10:30~16:30

 

開催場所

東京都江東区東陽4-5-18   江東区産業会館 第6展示室

 

定員

15名

※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。

 

受講料

非会員: 55,000円(税込)
会員:    49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、 49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売