ゲノム編集技術の特許戦略・侵害対策《技術の特性理解・文献調査・出願前の準備・出願後の対策》【提携セミナー】

ゲノム編集技術の特許戦略セミナー

ゲノム編集技術の特許戦略・侵害対策《技術の特性理解・文献調査・出願前の準備・出願後の対策》【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

南野 研人 氏
中尾 守男 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

★ゲノム編集・遺伝子治療の特性をつかみ、確実な権利化&侵害対策を行うためのメソッド
★研究成果を効果的に利活用するための、出願前後の留意点

 

ゲノム編集技術の特許戦略・侵害対策

《技術の特性理解・文献調査・

出願前の準備・出願後の対策》

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

ゲノム編集技術に関する特許申請・侵害対策のポイント

 

 

習得できる知識

精度が高く、侵害されにくい特許申請の実務スキル

 

 

担当講師

辻丸国際特許事務所 弁理士 南野 研人 氏
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK 中尾 守男 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

<第1部>10:00~12:00
ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療関連技術の特許侵害対策
辻丸国際特許事務所 弁理士 南野 研人 氏

【講座主旨】 

新たなゲノム編集技術であるCRISPR-Cas9システムは、ゲノム情報を簡便に書き換え可能な技術であり、遺伝子疾患の治療等への応用が図られています。また、遺伝性疾患を対象とした臨床試験も、米国のベンチャー企業により開始されています。
ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療関連技術は多岐に渡る技術から構成されています。

そこで、本セミナーでは、ゲノム編集技術及び遺伝子治療関連技術を構成する技術を検討した上で、権利者側に立ってどのような特許が存在しうるかについてお話しします。
【講演内容】
1.ゲノム編集技術の種類及びその特許
1.1 ゲノム編集技術とは?
1.2 主要なゲノム編集技術
1.3 各ゲノム編集技術の特許
1.4 CRISPR-CAS9システムの基本特許

2.遺伝子治療関連技術の種類及びその特許
2.1 遺伝子治療関連技術とは?
2.2 遺伝子
2.3 デリバリー技術
2.4 ベクター技術

3.出願戦略から考える特許侵害対策

 

<第2部>13:00~16:00
ゲノム編集技術の特許出願における実務と留意点
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK 中尾 守男 氏
【講座主旨】 ゲノム編集技術の研究開発は著しく、米国の大学や企業等を中心に相次いで特許出願がされています。これから出願を検討する研究者の方が、特許出願のより効果的な活用の観点から、出願前後に留意すべき事項を紹介します。
【講演内容】
(1)ゲノム編集分野の特許文献の調査

(2)出願前の留意点
・特許要件(新規性、進歩性、サポート要件等)の確認
・明細書に掲載する実験データ
・出願のメリット・デメリット
・特許出願に必要な書類
・新規性喪失の例外適用

(3)出願後の留意点
・出願後から権利化までの流れ
・審査請求制度、早期審査制度
・分割出願の活用
・優先権主張出願の活用
・外国出願時の留意点と進め方

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売