数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、出願ポイントと強い特許明細書の作成【提携セミナー】

特許

数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、出願ポイントと強い特許明細書の作成【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/7/5(火)10:30~16:30
担当講師

野中 啓孝 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★権利の有効性、測定方法・測定条件が一義的でない場合のクレーム解釈、
追試実験データの提出、先使用権の主張…数値限定発明特有の問題点とその対策!

 

数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、
出願ポイントと強い特許明細書の作成

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

  • 数値限定発明と特許権侵害訴訟
  • 数値限定発明の特許要件
  • 先使用権の抗弁権の実務
  • 数値限定発明の特許出願戦略
  • 強い数値限定発明特許明細書の書き方

 

 

習得できる知識

  • 数値限定発明の問題点を整理できる
  • 数値限定発明の先使用権対策が理解できる
  • 強い数値限定発明特許明細書の書き方が分かる

 

 

担当講師

弁護士法人・弁理士法人レクシード 弁護士・弁理士 野中 啓孝氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【講演趣旨】
数値限定発明とは、「発明を特定するための事項を、数値範囲により数量的に表現したもの」で、特に化学 系や材料系の分野において出願されており、通常の発明にはない固有の問題が種々あります。例えば、権利の有効性 の問題、測定方法・測定条件が一義的でない場合のクレーム解釈、追試実験データの提出、先使用権の主張などです。 このような数値限定発明に関する問題点を、化学の技術分野を中心に、リーディングケースから最新の裁判例まで触れ ながら、分かりやすく解説します。そして、数値限定発明特許の権利行使時の権利者側・相手側のそれぞれの立場に 立った反論のポイントをお伝えするとともに、特許出願戦略としての数値限定発明の有用性や権利行使に耐えうる明細 書作成のための留意点についてもご紹介致します。是非この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

 

 

【講演項目】
1.はじめに
1.1 数値限定発明の問題点
1.2 数値限定発明とは
1.3 パラメータ発明とは
1.4 数値限定発明と特許権侵害訴訟

 

2.特許要件
2.1 進歩性
(1)数値限定発明の3分類
(2)タイプA (3)タイプB (4)タイプC
2.2 記載要件(サポート要件)
(1)サポート要件の基本
(2)サポート要件違反となった裁判例
(3)サポート要件を肯定した裁判例
(4)サポート要件のチェックポイント
(5)実験成績証明書の後出し
2.3 記載要件(実施可能要件)
(1)実施可能要件の基本
(2)実施可能要件違反となった裁判例
(3)実施可能要件を肯定した裁判例
2.4 記載要件(明確性要件)
(1)明確性要件の基本
(2)明確性要件違反となった裁判例

 

3.権利行使
3.1 裁判所の判断枠組み
3.2 リーディングケースの紹介
3.3 ティッシュペーパー事件の紹介
3.4 測定方法・測定条件の記載が一義的でない場合に権利行使に与える影響
(1)第三者側からの視点
(2)特許権者側からの視点
(3)明細書作成者側からの視点
3.5 測定方法・測定条件の記載が一義的であるが測定結果がばらつく場合の影響
3.6 製品ごとの物性のばらつきが権利行使に与える影響
3.7 ばらつきにも種類がある
3.8 測定誤差の影響
3.9 均等論の適否

 

4.先使用権
4.1 先使用権の抗弁権の実務
4.2 事実実験公正証書の重要性
4.3 先使用権が否定された裁判例の紹介
4.4 先使用権が肯定された裁判例の紹介
4.5 対策のまとめ
4.6 創作物アプローチとパブリック・ドメインアプローチ
4.7 公然実施

 

5.特許出願戦略
5.1 数値限定発明を出願すべきか?
5.2 数値限定発明特許の位置づけは?

 

6.強い数値限定発明特許明細書の書き方
6.1 クレームについて
6.2 技術的変数について
6.3 進歩性について
6.4 サポート要件について
6.5 実施可能要件について
6.6 測定方法・測定条件について
6.7発明者の教育が必須  6.1 発電所の熱計算・熱精算
6.2 高効率化のポイント(火力、ガスタービン)

 

7.将来の火力発電の動向
7.1 脱炭素化を目指して
7.2 次世代火力発電技術
7.3 CCUS/カーボンリサイクル技術への取り組み
7.4 バイオマス燃焼
7.5 水素発電技術
7.6 アンモニア燃焼技術

 

8.発電所・工場での省エネ・高効率化技術の導入例

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/7/5(火)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売