微生物が作るヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術【提携セミナー】

微生物が作るヌメリ

微生物が作るヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

松村 吉信 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

~微生物やバイオフィルムの基礎と理解~
~ヌメリ・バイオフィルム制御の現状~
~バイオフィルムの検出法・評価法~

 

微生物が作るヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

微生物が形成するヌメリ(バイオフィルム)は一見単純な汚れと認識されるものの、なかなか完全に除去することは困難である。バイオフィルムには生きた微生物細胞が含有しているため、生長し、場合によっては他の場所にも移動する。つまり、バイオフィルム汚染を根絶するためには、できるだけ早く見つけ出し、除去あるいは殺菌・滅菌する必要がある。

 

本講義ではバイオフィルムが形成する環境、バイオフィルムの構造から形成過程、形成制御や洗浄・殺菌について、微生物の専門家でない方にもわかりやすく説明を加えたい。また、バイオフィルムを理解する上で重要となる一般的なバクテリア細胞(浮遊細胞)の特徴や性質、さらには浮遊細胞の抗菌処理法についても解説したい。

 

一方で、バイオフィルムの形成環境によってバイオフィルム対策は異なるものとなるでしょう。個別対策に必要となるバイオフィルムの検出法や評価法についても紹介し、これらを通して、皆様のバイオフィルム対策にお役に立てていただきたいと考えております。

 

担当講師

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 教授 博士(工学) 松村 吉信 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.一般的な微生物細胞およびバイオフィルム
1.1 一般的な微生物制御法
1.2 微生物の分類と特徴
1.3 一般的なバイオフィルム構造

2.微生物細胞の生活環
2.1 微生物の生育に必要な環境条件
2.2 細菌細胞の構造
2.3 細菌細胞の特徴とストレス耐性

3.微生物細胞やバイオフィルムの検出方法
3.1 コロニーカウント法の問題点
3.2 蛍光顕微鏡を用いた細胞検出と生死判定
3.3 微生物の同定法
3.4 次世代シーケンサーを用いた細菌叢解析
3.5 バイオフィルム評価法

4.バイオフィルムについて
4.1 バイオフィルムが形成する環境について
4.2 バイオフィルム構造
4.3 バイオフィルムの環境ストレス耐性
4.4 バイオフィルム形成・成熟過程
4.5 バイオフィルム形成および崩壊に関わる情報伝達システム

5.バイオフィルムの制御・防止とその対策
5.1 バイオフィルム・細菌細胞の制御・防止技術
5.2 バイオフィルム・細菌細胞の制御・防止・洗浄技術の問題点と対策

6.今後のバイオフィルム研究とその活用

 

質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

配布資料

【会場受講】製本テキスト(当日会場にて配布)
【アーカイブ配信受講】製本テキスト(開催日を目安に発送)

※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
※Live配信を受講される場合、開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。当日映し出すスライドも配信されますので、セミナー視聴には差し支えございません。

 

オンライン配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
  • 講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【WEBセミナー】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売