微生物試験の妥当性確保のための統計的手法及び評価【提携セミナー】

微生物試験の妥当性確保のための統計的手法及び評価

微生物試験の妥当性確保のための統計的手法及び評価【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 【LIVE配信】2022/12/5(月) 10:30~16:30 ,【アーカイブ配信】12/6~1/13 (何度でも受講可能)
担当講師

森 曜子 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 【LIVE配信】30名 , 【アーカイブ配信】-
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

☆前回も好評のセミナー!

試験結果の信頼性を得るために何が必要か、

何が不足しているかを演者の豊富な経験を基に解説いたします!

 

微生物試験の妥当性確保のための

統計的手法及び評価

 

《微生物試験の「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」とは》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

国際的には、「適格な運営を行い、妥当な結果を出す能力があることを実証できる」ことが試験所の能力であるとされています。

 

本セミナーでは、演者のISO/IEC 17025の認定審査の経験に基づき、試験結果の利用者の信頼を得るために何が必要か、多くの試験所で何が不足しているかを解説します。

 

又、微生物試験において統計処理の必要性が高まっている背景を理解していただき、試験方法の妥当性確認及び検証(Validation & Verification of methods)、並びに結果の妥当性の確保(Ensuring the validity of results)についての国際規格やガイドラインをわかりやすく解説します。

 

さらに、2017年版ISO/IEC 17025の改定趣旨とともに、微生物試験に関する国内外の動向を紹介します。

 

◆ 得られる知識

  • 試験所が有すべき能力について(ISO/IEC 17025の要求事項の概説を含む)
  •  微生物試験に関連する国際規格やガイドライン(コーデックス規格、ISO等)について
  •  微生物試験結果のの妥当性確保について
  •  微生物試験における「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」について

 

担当講師

(公社)日本食品衛生協会 技術参与 森 曜子 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 試験の信頼性とは

 

2 微生物試験の国際標準化
2.1 今、国際化が求められるその背景について
2.2 微生物試験に関連するコーデックス規格
2.3 我が国の微生物試験の課題(特に衛生指標菌)
2.4 我が国の微生物試験法の今後
2.5 迅速・簡便法の位置付け

 

3 試験所の能力(competence)
3.1 コーデックスのガイドライン(CAC/GL27)の要件
3.2 ISO/IEC 17025:2017が要求していること
3.3 信頼性を確保するための要件

 

4 微生物試験結果の「質(quality)」を保証するための要件
4.1 試験方法
4.1.1 試験法の選択
4.1.2 ValidationとVerificationとは?
4.1.3 試験法の妥当性確認(Validation)
4.1.4 試験法の導入時の検証(Verification)
4.1.5 試験結果の質(不確かさの評価)
4.2 計量計測のトレーサビリティ(Metrological Traceability)
4.2.1 設備及び器具の保守管理
4.2.2 試験結果のトレーサビリティとは?
4.3 試験結果の妥当性の確保
4.3.1 結果の妥当性の監視(monitoring)
4.3.2 技能試験/試験所間比較

 

5 微生物試験に関わる国際規格、ガイドライン
5.1 CAC/GL54
5.2 ISO 19036
5.3 ISO 16140シリーズ

 

 【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2022/12/5(月) 10:30~16:30

【アーカイブ配信】12/6~1/13 (何度でも受講可能)

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく
    複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

【アーカイブ配信:12/6~1/13(何度でも受講可能)】の視聴を希望される方は、メッセージ欄に明記してください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売