2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後【提携セミナー】

2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後【提携セミナー】

開催日時 2024/7/8(月) 14:00~17:30
担当講師

関根 泰 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 通常申込:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

2050年カーボンニュートラルに向けた

水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ

 

各種カーボンニュートラル関連技術の、技術的な難易度、運用のしやすさやコストなど、実用的・多角的な視点から示唆に富んだ話題を提供頂きます。

 

≪昨年の同セミナーをご受講頂いた方からの感想を以下にご紹介します≫


◎資料が充実していて、政治・経済・技術的な複数の視点でCN技術を説明されており非常に勉強になった。
◎業界での実情や技術の実現性など、文献で調べることが困難な情報を説明頂き大変貴重で、勉強になった。
◎CNに関する政策、技術動向に関して、端的かつ分かり易い内容でした。
◎DACの説明等、分かり易いように工夫された説明で、素人でも理解できる講義でした。
◎バックグラウンドから応用技術まで非常に多岐にわたり詳細な内容で役に立ちました。
◎国の方針や施策、論文などの資料にはない現実に即した情報を多く話して頂き大変有意義なセミナーだった。
◎今までの関連セミナーの中で最も面白かった。教科書やサマリ論文ではない、本物の見解を聞けたと感じた。
◎セミナーで取り扱った内容について、より詳しく知るためにどこの情報にアクセスすればよいのかもはっきりと明示し
 ていただけたのでメモに追われることなく、講義そのものに集中できて有難かった。
◎包括的な内容で、専門性・網羅性共に十分だった。新たな発見も多くとても有意義な時間を過ごすことが出来た。
◎この分野で日本の先頭に立つ方だと思うので、貴重な公演を聞けて良かった。

 

セミナー趣旨

国内外でグリーンディール・グリーンイノベーションが言われている。この流れの中で、脱化石資源の流れは強まっている。地下資源に頼ってきた時代から、地上資源に頼る時代へとパラダイムシフトをしていかねばならない。そのための水素製造利用・二酸化炭素再資源化などの技術の現状と今後について展望したい。

 

担当講師

早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 応用化学科 教授 関根泰 氏

 

【講師紹介】
□専門:物理化学、触媒化学、工業化学
□経歴:
1998年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 助手
2001年 早稲田大学理工学部応用化学科 助手
2003年 早稲田大学ナノ理工学研究機構 講師
2006年 早稲田大学理工学術院応用化学科 講師
2007年 早稲田大学理工学術院応用化学科 准教授
2011年 JSTフェロー(研究開発戦略センター・環境エネルギーユニットフェロー)(兼務・出向2011/4-)
2012年より現職
□業界での活動:
政府グリーンイノベーション戦略推進会議・グリーンイノベーションプロジェクト部会等で委員や座長を務める。
JSTさきがけ総括、JSTフェロー、イギリス王立化学会フェロー、NEDO総括、Elsevier「Fuel」誌基幹エディター等
をつとめ、研究者としても200報以上の国際的に著名な雑誌への論文執筆あり。

 

セミナープログラム(予定)

1. 地球の置かれている状況
1.1 エネルギーと物質の流れ
1.2 カーボンニュートラルの必要性

 

2. カーボンニュートラルのための技術
2.1 再生可能エネルギーをどう活かすか
2.2 電池と水素、エネルギーキャリア
2.3 二酸化炭素の回収と再資源化

 

3. 水素の製造と利用

 

4. エネルギーキャリア関連技術(MCH・アンモニア)

 

5. 二酸化炭素再資源化技術

 

6. 関根研でのこれら取り組みの紹介

 

7. 最後に・今後の展望とまとめ

 

□ 質疑応答 □

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年7月8日(月)  14:00~17:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料37,400円( E-Mail案内登録価格 35,640円)

 

定価:本体34,000円+税3,400円
E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円

 

※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

PDFテキスト(印刷可)
※開催2日前を目安に、主催者HPのマイページよりダウンロード可となります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

  • アーカイブ(見逃し)配信付き
    視聴期間:セミナー終了の翌営業日から7日間[7/9~7/15]を予定しています。
    ※アーカイブは原則として編集は行いません。
    ※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
    (開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売