わかりやすい技術文書の 書き方入門 実習付【提携セミナー】

技術文書の書き方_実習

わかりやすい技術文書の 書き方入門 実習付【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/11/4(金) 10:00-16:30
担当講師

小波 盛佳 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 48,400円

★技術文書を作成する上での注意点や用語・言い回し等を、

豊富な具体例と添削事例をもとに、わかりやすく習得できます。

 

わかりやすい

技術文書の書き方入門:実習付

《基本的スキル及び実践手法の習得》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

この講座では基本的な文章作成の考え方から技術者として必要な文書の作成方法まで、実例を挙げながら学習する。講師はプラントエンジニアリング技術者として、設計作業や業務連携、伝承技術集成、技術教育業務を担当してきた。顧客向け、製作者向け、社内向け、そして業界向けの文書作成と添削指導を行ってきた経験に基づき分かりやすく説明する。

 

本講では、まず文章書きの基本的なスキルはどのようなもので、日常的にどう文章力を強化すれば良いのかを述べる。それらを踏まえ、打合せ議事録、トラブル報告書、実験報告書、各種提案書、宣伝資料、謝罪文など、仕事で用いられる内部文書に加え、論文、雑誌記事、取扱説明書、納入仕様書、購入仕様書など外部に提出する技術資料を念頭に置いて書き方のポイントを示す。講義は、豊富な添削事例を提示しながら、どうすればより良い文章を書くことができるのかを受講者とともに考えながら進めていく。また、文章作成、間違い探しなどの演習を適宜織り込むことで、より理解が深まる構成となっている。

 

◆ 受講対象

  • 技術者・研究開発者・実務担当者
  • 文章力を向上させたい方
  • 技術文書を分りやすく正確に書きたい方

 

◆ 受講後、習得できること

  • 基本的な技術文章の作成スキル
  • 各種技術文書の実践的な作成技術(ポイントとコツ、まとめ方)
  • 演習による自身の文章力の確認と文書作成力向上方法の習得
  • 豊富な例文による間違い発見力・チェック力

 

担当講師

フルード工業(株) 執行役員 研究開発室長  小波 盛佳 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.文書作成の心構え
1) 技術文書は文学と異なる
2) 気ままに書いたものは冗長
3) 読み手を特定してイメージ
4) 読み手の気持ちを考える
5) 読み手に信頼感を与える
6) 変化する文章の作法に対応する

 

2.技術文章の基本
1) 基礎的事項
2) 推論のよりどころ
3) 文書の構造
4) 論述の進め方と順序
5) 気の利いた文章

 

3.文の作成
1) 正確、厳密に書く
2) 文法上の誤り
3) 表現する方法
4) ものごとの並べ方
5) 用語を解説する方法
6) 敬語の使い方

 

4.用字用語の使い方
1) 使う言葉の選び方
2) 顧客との関係に伴う用語
3) 時の表現と「とき」
4) 用字
5) 送り仮名
6) 単位
7) 格助詞「の」
8) ローマ字
9) 英語の語尾と長音符号

 

5.文章作成の手順
1) 実際の文章作成の流れ
2) 著述の流れ
3) 文書に必要な項目
4) 句読点の打ち方
5) 文章の修正
6) 最後の文チェック
7) 文章以前の問題

 

6.技術文書作成の実践(下記のうち主な文書の要点解説)
1) 技術関連の文書
2) 打合せ議事録
3) 取扱説明書、操作基準書
4) 実験報告書・論文
5) 調査報告書
6) 稟議書(起案・立案書)
7) 新規事業提案書
8) 公的補助金申請書
9) トラブル報告書
10) 特許申請関連書類
11) 納入(見積・受注)仕様書
12) 購入(引合・発注)仕様書
13) 機器仕様リスト
14) 各種設計図の補足書
15) 出張報告書

 

7.文章作成の勉強法

 

8.演習(講座内で3または4回に分けて実施)
演習1,2 実際の添削例からの間違い探し演習
演習3,4 取扱説明書、ご連絡書の作成

 

9.付録資料<実用的と好評>
1) 文のつながりを示す接続語句
2) 技術系の用語・漢字と常用漢字
3) 送り仮名の付け方
4) 公用文における漢字使用等について
5) 単位の表記方法
6) ローマ字の表し方と入力方法
7) である・ですますの変換法
8) 技術文書における読点(、)の打ち方
9) 文章のチェックと校正
10) 技術系用「異字同訓」の漢字の使い分け例
11) オズボーンのチェックリスト
12) 実験報告書・論文の書き方
13) 定型実験レポートの作法
14) 稟議書2例
15) 採用された開発テーマの公的資金申請書(要約)例
16) 平仮名書きと漢字書きの早見表
17) 一般技術原稿の提出直前チェックリスト

 

  <質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年11月4日(金) 10:00-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 1名48,400円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,400円

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。

 

配布資料

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売