リチウムイオン電池用正極材料の高容量化に向けた開発、適用と評価【提携セミナー】

リチウムイオン電池用正極材料高容量化

リチウムイオン電池用正極材料の高容量化に向けた開発、適用と評価【提携セミナー】

開催日時 2024/6/27(木)10:00~17:00
担当講師

中村 崇司 氏
小林 弘明 氏
金田 治輝 氏
北村 尚斗 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 66,000円(税込)

★酸化物系正極、鉄系正極、ニッケル系正極、層状構造正極の設計と特性改善

 

 

リチウムイオン電池用正極材料の

高容量化に向けた開発、適用と評価

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

セミナープログラム参照

 

 

習得できる知識

・酸化物系正極、鉄系正極、ニッケル系正極、層状構造正極の設計と特性改善

 

 

担当講師

名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授 博士(工学) 中村 崇司 氏
北海道大学 大学院理学研究院 准教授 博士(工学) 小林 弘明 氏
住友金属鉱山(株) 技術本部 電池研究所 開発Ⅲグループ 副グループリーダー 博士(工学) 金田 治輝 氏
東京理科大学 創域理工学部先端化学科 准教授 博士(理学) 北村 尚斗 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

(10:00~11:30)
1.酸化物正極材料における酸素脱離~格子酸素安定性評価と欠陥能動制御~
名古屋大学 中村 崇司 氏
【講演ポイント】
電池の安定性を考えるうえで、正極活物質からの酸素脱離は重要な現象である。
本講座では、正極材料からの酸素脱離現象を、材料レベルで評価する手法を紹介し、リチウムイオン電池正極における評価実績を示す。
また本評価手法を活用すると、材料に酸素欠陥を狙って導入することも可能となり、酸素欠陥を活用した材料開発に繋がる。その検討事例についても紹介する。

 

【プログラム】
1.背景 電池の安全性と正極酸素脱離

 

2.酸素脱離の評価手法の紹介

 

3.Liイオン電池正極における評価事例

 

4.Liイオン電池正極を対象とした酸素欠陥制御の検討事例

 

【質疑応答】

 

—————————–
(12:10~13:40)
2.逆蛍石型リチウム鉄酸化物を利用した高容量正極の開発
北海道大学 小林 弘明 氏
【講演ポイント】
リチウムイオン電池正極材料の高性能化は大型蓄電池開発に必須である。正極材料の高容量化の実現にはコバルト、ニッケルなどのレアメタルの使用が不可欠であり、高エネルギー化と低コスト化の両立が大きな課題となっている。
現在実用化されている、安価な鉄を用いたオリビン型LiFePO4は鉄の1電子レドックス反応しか利用できず、鉄系材料で高容量化が可能となれば、高エネルギーと低コストの両立が見込むことが可能である。
本講演では逆蛍石型構造を有するリチウム鉄酸化物Li5FeO4の高容量化技術について解説する。

 

【プログラム】
1.逆蛍石型正極材料の位置付けと研究開発の歴史
1-1 リチウム過剰酸化物としての逆蛍石型材料
1-2 高結晶逆蛍石材料の不可逆なレドックス反応

 

2.逆蛍石型正極材料の立方晶化による高容量化
2-1 メカニカルアロイングによるカチオンの不規則化
2-2 立方晶化による固体内酸素レドックスの発現
2-3 第一原理計算による反応経路考察

 

3.逆蛍石型正極材料の更なる性能向上に向けた材料設計
3-1 遷移金属固溶化
3-2 典型元素置換

 

4.まとめ

 

【質疑応答】

 

————————-
(13:50~15:20)
3.リチウムイオン電池用ニッケル系正極材料の高性能化に向けた設計指針
住友金属鉱山(株) 金田 治輝 氏
【講演ポイント】
近年、リチウムイオン電池用正極材料として、高容量・低コスト化の観点からニッケル系層状正極材料が注目されている。
本講演では、ニッケル系層状正極材料の特徴や技術課題、高容量化や出力特性、耐久性、熱安定性などの特性改善技術および材料設計について説明する。

 

【プログラム】
1.リチウムイオン電池について
1-1 リチウムイオン電池の基礎
1-2 要求特性と市場動向

 

2.リチウムイオン電池用正極材料
2-1 各種正極材料の特徴
2-2 ニッケル系層状正極材料の特徴
2-3 ニッケル系層状正極材料の課題

 

3.ニッケル系層状正極材料の特性改善技術・材料設計
3-1 高容量化・高エネルギー密度化
3-2 耐久性の改善技術
3-3 出力特性の改善技術
3-4 熱安定性の改善技術
3-5 コバルトレス・低コスト材料

 

4.まとめ

 

【質疑応答】

 

—————————
<15:30~17:00>
4.層状・不規則岩塩構造を有する正極材料の充放電特性に好影響を及ぼす原子配列の検討
東京理科大学 北村 尚斗 氏
【講演ポイント】
リチウムイオン電池に用いられる正極材料は、一般的に複数の遷移金属を含む組成を有している。
その正極特性は原子配列と密接に関係していると考えられるが、遷移金属の分布や各々の遷移金属周辺の局所構造を解明することはしばしば困難である。
本講演では、量子ビーム全散乱測定と得られたデータを用いた逆モンテカルロモデリングに注目し、正極材料の局所構造を検討した例を紹介する。

 

【プログラム】
1.はじめに
1-1 層状・不規則岩塩構造を有する正極材料
1-2 平均構造と局所構造

 

2.全散乱測定と逆モンテカルロモデリング
2-1 構造因子と2体分布関数(PDF)
2-2 全散乱測定
2-3 PDFフィッティング
2-4 逆モンテカルロモデリング(RMCモデリング)

 

3.全散乱データを用いた逆モンテカルロモデリングの実例
3-1 不規則岩塩構造を有する正極材料の原子配列(局所構造)
3-2 層状構造を有する正極材料の原子配列(局所構造)

 

4.最近の取り組みと今後の展望

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/6/27(木)10:00~17:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき66,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき60,500円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売