食品特許情報の商品開発への活かし方(セミナー)

食品特許情報の商品開発への活用法

食品特許情報の商品開発への活かし方(セミナー)

開催日時 2022/1/26(水)10:00~17:00 
担当講師

中谷 明浩 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

またはZoomによるオンライン受講

定員 会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
受講費 29,700円(税込) 

食品メーカー/食品事業部所属の開発担当者様向けに特化!

実務ですぐに使える知識・手法を1日で習得できます


食品特許情報の商品開発への活かし方

《ひとつ上を行く商品開発への特許情報活用術》

 


講座概要

商品開発において、特許情報を活用することは必要不可欠な時代です。

特許情報はいわゆる「技術分野のビッグデータ」であり、そこには様々なアイディアが詰まっています。

同時に、競合他社の特許を分析することで、その開発戦略や技術的方向性も見えてきます。このような有益な情報源を活用しない手はありません。特に、機械、電気・電子、情報技術分野では活発に活用が進んでいます。

他方で食品分野に目をむけると、これらの分野と比較して特許出願件数が少なく、その利用価値が感じられないと思われがちですが、それは違います。食品特許の出願件数は着実に伸び、特に大手企業では顕著であるといえます。

 

こうした背景から、本セミナーでは「食品に特化」した特許情報を商品開発に活用する術を提供すると共に、特許情報と非特許情報を組み合わせることによる、さらに洗練された技術情報活用術をお伝えいたします。

 

担当講師

中谷 明浩 講師

 

セミナープログラム(予定)

 

1.特許情報を活用する意義
1.1 特許情報の特徴
1.2 特許情報活用のメリット
1.3 非特許情報との組合せ
1.4 IPランドスケープとは

 

2.特許情報の基礎知識
2.1 特許調査と分析
2.2 特許分類
2.3 母集団検索式
2.4 特許マップ
2.5 非特許情報の収集と把握
2.6 特許情報の活用例

 

3.非特許情報の収集と把握
3.1 特許情報分析の目的の明確化
3.2 母集団検索式の作成
3.3 母集団のデータ処理
3.4 特許マップの作成と非特許情報収集
3.5 特許情報分析と特許出願・商品開発への反映
3.6 特定技術の評価例
3.7 特許情報を活用した新規開拓

 

4.商品リリース後の特許情報活動
4.1 母集団の定期的な確認
4.2 市場フィードバックや市場環境を踏まえた開発テーマ設定と特許情報分析
4.3 情報の共有化と検討

 

質疑応答

 

標準実施時間:6時間

 

主な受講対象者

  • 食品関連企業等の研究・開発担当者、事業・企画開発担当者、特許担当者

 

期待される効果(習得できるスキルなど)

  • 効率的な食品研究・開発の実施
  • 侵害等の開発リスクの提言
  • 次の開発にも活用できる技術動向の把握
  • 自社、他社の技術的ポジショニングの見える化
  • テーマの効果的な立案

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日時:2022年1月26日(水)10:00~17:00
  • 開催場所:日本アイアール㈱本社会議室またはZoomによるオンライン受講(*)

(※日本アイアールへのアクセスはこちら)

  • 受講料 :29,700円/1名(税込)
  • 定 員 :会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。
 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。
 ※中谷講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

(*)新型コロナウイルス問題等の状況によっては、オンライン受講のみに変更となる場合がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売