複雑な数式を使用せずに解説!押出成形の制御とレオロジー《押出加工における条件の設定、材料設計、成形不良対策》【提携セミナー】

押出成形の制御_成形不良対策

複雑な数式を使用せずに解説!押出成形の制御とレオロジー《押出加工における条件の設定、材料設計、成形不良対策》【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/2/26(金)12:30-16:30
担当講師

山口 政之 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 41,800円

レオロジー的な視点による押出加工の設計・制御・不良対策等を分かりやすく解説します!

 

複雑な数式を使用せずに解説!
押出成形の制御とレオロジー
~押出加工における条件の設定、材料設計、成形不良対策~

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

本講演では、押出加工に必要となるレオロジーの基本を複雑な数式を使用せずに説明します。

 

また、その知識を活用することで、加工条件の設定、材料設計が容易になることを理解していただきます。

 

さらに、分子配向、結晶化度、相分離構造などを加工条件によって制御できることを示すとともに、優れた成形性を示す材料の設計方法も解説します。また、押出加工における成形不良対策についてもレオロジー的な視点で説明します。

 

本講演の最後には、加工現場で簡単に実施できる「成形体の構造解析方法」を説明します。
特に、フィルムやシート成形を行っている方には重要な知見となります。

 

◆ この講座を受講して習得できること:

  • レオロジーの基礎
  • 押出加工の評価と条件設定
  • 成形不良対策
  • 材料設計法
  • 現場での構造解析

 

担当講師

北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系 学系長・教授 (兼務)物質化学領域 領域長 工学博士 山口 政之 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. レオロジーの基礎の基礎
(1) 弾性と粘性の本質
-粘弾性の基本法則を理解する-
(2) 緩和時間
-緩和現象を定性的に理解する-
(3) デボラ数-成形加工で最も重要なパラメーター
-トラブルシューティングの基礎-

 

2. 線形粘弾性の基礎
(1) ボルツマンの重ね合わせの原理
-レオロジーは足し算だけで大丈夫-
(2) 動的粘弾性
-難しい数式を使わずにG’やG”を理解する-
(3) 緩和スペクトル
-線形粘弾性測定の目的を理解する-
(4) 周波数依存性と温度依存性
-材料特性の評価方法-
(5) 合成曲線
-構造変化の確認手法、測定できない領域の情報を得る-

 

3.成形加工に必要なレオロジー特性
(1) 牽引流と圧力流
-せん断流動の与え方-
(2) 定常流せん断粘度のせん断速度依存性
-フローカーブの重要性-
(3) 法線応力差の意味とその評価方法
-高分子液体は弾性を示す-
(4) 毛管流動における粘度測定
-ダイでのせん断速度を計算する-
(5) MFRの落とし穴
-MFRで樹脂選びをすると失敗するかも-
(6) 伸長流動下のレオロジー特性
-伸長粘度の測定方法と加工性への影響-
(7) 伸長粘度・溶融張力の制御方法
-伸長場におけるレオロジー特性を制御する手法‐

 

4.押出成形におけるトラブルとレオロジー
(1) せん断粘度と伸長粘度
-成形法と流動モード-
(2) メルトフラクチャー
-発生機構とその対策-
(3) Tダイ成形
-ネックイン、レゾナンス-
(4) インフレーション成形
-外部ヘイズ、バブルの安定性-
(5) 目ヤニ、フィッシュアイ
-発生機構と解析方法、対策-

 

5.加工条件による構造変化
(1) 冷却速度と固体構造
-成形加工で構造制御-
(2) 分子配向の解析
-一般的な分析手法-
(3) ダイ内部での分子配向
-分子配向や相構造の制御-

 

6.現場で行う加工評価
(1) 光学の基礎
-現場での構造解析に必要な基礎知識-
(2) 分子配向の定量化
-二枚の偏光板を使い、その場で分子配向を定量化-

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年2月26日(金) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
    お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売