令和6年度薬価改定を踏まえた新薬の薬価交渉のポイントと薬価制度の知識収集法【提携セミナー】

量子コンピュータの基礎と創薬・材料開発への応用セミナー

令和6年度薬価改定を踏まえた新薬の薬価交渉のポイントと薬価制度の知識収集法【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/3/14(木)12:30~16:30 , 【アーカイブ配信】3/15~2/25(何度でも受講可能)
担当講師

鈴木 明 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
☆令和6年度薬価改定の全体像、トピックス、ルールの変更点についても解説いたします!

 

令和6年度薬価改定を踏まえた

新薬の薬価交渉のポイントと薬価制度の知識収集法

 

厚生労働省との薬価交渉の流れ(新薬、報告品目、後発品)とは?

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

薬価制度はルールが複雑で非常にとっつきにくいと思われている方が多いと思います。

 

ルールについては、厚生労働省から通知が出ていますが、一般の方には読む気も起きないような文字ばかりの文章で、さっと読んで理解できるようなものではありません。

 

また、実際の薬価交渉は、経験に基づく要素も多く、オープンになっていないことが多い分野です。

 

本セミナーでは、公開されている情報の中で、薬価の知識を得るにはどのような手段があるのかをお示しし、これから薬価について知りたいと思う方に向けた内容で説明をいたします。

 

また、新薬の薬価交渉について、これまでの経験に基づいた内容をお話し、令和6年度薬価改定について解説します。

 

◆習得できる知識

〇 薬価制度全体の理解ができる
〇 新薬の交渉についての概略を知ることができる
〇 令和6年度薬価改定の全体像、トピックス、ルールの変更点について理解ができる

 

◆キーワード

医薬品,薬価,算定,PMDA,承認申請,講習会,マーケティング,研修,講習

 

担当講師

セルリソーシズ(株) 経営企画部 部長 鈴木 明 氏

 

【経歴】
1998年4月 田辺製薬入社 MRとして10年間、開業医、病院、大学病院の担当
2008年4月 田辺三菱製薬 医療情報部 新薬薬価収載、薬価改定、製薬協活動
2019年3月 生命科学インスティテュートへ出向 再生医療等製品の薬価担当者
2023年9月 田辺三菱製薬 退社
2023年10月 アルフレッサHD傘下のセルリソーシズ株式会社 入社
製薬協 流通適正化委員会、産業政策委員会委員
FIRM(再生医療イノベーションフォーラム)
再生医療等製品委員会 医療経済部会 元部会長

 

セミナープログラム(予定)

1. 薬価の知識を取得する方法
1-1 中央社会医療保険協議会(中医協) 総会、薬価専門部会など
1-2 厚生労働省からの各種通知
1-3 薬価改定時に行われる、業界団体のセミナー
1-4 各社社内担当者からの情報収集
1-5 そのほか

 

2. 薬価基準制度の概要
2-1 新医薬品の薬価算定について
2-2 高額医薬品、市場規模が大きい医薬品への対応
2-3 類似薬効比較方式
2-4 原価計算方式
2-5 補正加算
2-6 外国平均価格調整
2-7 規格間調整
2-8 新規後発医薬品の算定
2-9 厚生労働省との薬価交渉の流れ(新薬、報告品目、後発品)

 

3. 薬価改定について
3-1 2年に1度の薬価改定と、中間年改定との違い
3-2 調整幅を用いた既収載医薬品の薬価改定
3-2 新薬創出等加算とは
3-3 薬価改定時の加算制度について
3-4 不採算再算定について
3-5 市場拡大再算定について
3-6 基礎的医薬品について
3-7 最低薬価について
3-8 後発品の薬価改定について
3-9 令和6年度に変更となったルールについて
3-10 厚生労働省との薬価改定時のやり取りについて

 

4. 質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/3/14(木)12:30~16:30
【アーカイブ配信】3/15~2/25

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から

  • 1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。

 

  • セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたしますので開催1週間前の午前中までにお申し込み下さい。
    ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。
  • セミナーでのご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

 

講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの
複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売