粉砕技術の基礎及びその制御技術・トラブル対策【提携セミナー】

粉砕技術の基礎及びその制御技術・トラブル対策【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/3/7(月)10:30-16:30
担当講師

齋藤 文良 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴あり)】:52,800円

★粒子径や形状・粒度分布の制御、粉砕物の評価法、粉砕機・粉砕助剤の使い方、

コンタミ対策、メカノケミストリー活用等・・

粉砕操作に携わる技術者が是非知っておきたい内容が満載です。

 

粉砕技術の基礎及びその制御技術・トラブル対策

 

≪粉砕機・プロセス及び付随する現象の理解、粉砕物評価法など≫

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

粉砕操作に携わる技術者・研究者が抱える課題は多種多様ながら、総じて粉砕操作の適切な処理、粒子径や形状・粒度分布の制御、粉砕物評価、粉砕の促進/抑制、粉砕助剤の使い方とメカノケミカル効果の理解・トラブルシューテング等に集約される。

 

本セミナーでは、これらの課題を解決するための基礎知識・ヒントを提示しながら、粉砕の現場で起こっている現象・効果について解説し、課題解決に役立つ情報の修得を目指す。

 

◆受講後、習得できること

  • 粉砕で目的とする粒子径・粒度分布の粉を得る最適な方法を見出すヒントが得られる。
  • 特に乾式粉砕では微粒子凝集現象が起こるが、その原因はメカノケミカル効果であることを認識し、同効果を制御/活用させるヒントが得られる。
  • 粉砕による微粒子凝集の他、粉砕による発熱や粉塵爆発などの問題を発見して解決(トラブルシューテング)に結びつけるアイデアを会得できる可能性が高い。
    など

 

◆受講対象者

受講対象者は、粉砕操作に関する技術開発の現場で奮闘されておられる若手研究者・技術者ならびにその周辺粉体処理現場責任者、粉砕処理関係企業経営者・技術者、粉砕処理技術セールス担当者などである。より具体的には、以下のような方にはぜひ受講をお勧めします。
1.粉砕に取り組んでまだ間もない技術者・研究者
2.粉砕操作で様々なトラブルシューテングを求めておられる方
3.新しい粉砕法、メカノケミストリーを利用した材料開発を模索されておられる方
4.物質に含有する有価物などを粉砕・メカノケミカル法で回収したいと考えている方
5.物質・資源を粉砕と化学的あるいは物理的処理を組み合わせたプロセスでと考えておられる方
など

 

 

 

担当講師

齋藤 文良 先生

セミナープログラム(予定)

1.粉砕技術の基礎
(1)固体の破壊
~物質は引っ張りで破壊する(理論的には、圧縮では破壊しない)
(2)粉砕の4条件
~①十分な力があること、②その力が着実に固体に加わること、③破壊後再凝集・結合しないこと、④湿式粉砕下で安定なスラリー状態にあること
(3)応力作用下でのクラック発生と破壊の形成
~破断面の状況は粉砕条件(荷重速度、荷重の種類、雰囲気の影響など)に依存
(4)限界粒子径
~どこまで粉砕可能か

 

 

2.粉砕物の評価法
(1)粒子径の評価法
~粒子径の定義
(2)粉砕片の表面評価法
~ミクロ・マクロ的観察
(3)粉砕片の構造評価法
~電子線・X線回折、ラマン分光、熱分析や、その他の固体の評価
(4)破砕片の化学的活性評価法
~表面乱れ、エキソエレクトロン放射、ラジカル発生、吸着特性など

 

 

3.粉砕の促進/抑制にかかわる影響因子とその相関
(1)粉砕雰囲気の影響
~水分の影響
(2)荷重速度効果
(3)寸法効果
(4)助剤添加効果
(5)粉砕機タイプ・構造・粉砕プロセスの改善
~段階粉砕、分級機設置、粉砕条件の最適化

 

 

4.粉砕助剤とその使い方
(1)助剤添加による効果
~表面エネルギー制御
(2)田中の理論
(3)最適添加率

 

 

5.粉砕機の種類・特徴とその選定・使い方
(1)乾式粉砕機
~圧縮、せん断、高速衝撃等による粉砕機
~自生粉砕機
~媒体(ボールなど)利用粉砕機
~気流粉砕機(無媒体粉砕機)など
(2)湿式粉砕機
~媒体利用粉砕機
~流体利用粉砕機
(3)乾式粉砕機選定のポイント
~粉砕動力の予測
~粉砕機のスケールアップ
~スケールアップ時の粒度分布
~粉砕助剤使用
~コンタミ 等
(4)湿式粉砕機選定のポイント
~処理品質
~運転条件
~洗浄性
~乾燥
~コンタミ 等
(5)遊星ミルや媒体攪拌ミルなどによる超微粉砕
(6)最近の粉砕機の開発と進化

 

 

6.最適粉砕条件(操作・粉砕機構造)とスケールアップの最適化
(1)離散要素法(DEM)シミュレーションによる媒体運動
(2)最小限度の実験情報とDEMシミュレーション結果の融合による最適粉砕処理
(3)各種微粉砕機・材料への展開

 

 

7.微粉砕に付随する現象の理解とその制御・応用
~メカノケミストリー~
(1)メカノケミカル現象の基礎、原理
~結晶構造変化(相転移を含む)
~粉体の活性(不安定)機構
~周囲の物質との相互作用
~固相反応の促進法あるいは抑制法
(2)メカノケミカル現象の応用技術
(メカノケミカル効果を利用する)
~非加熱での材料合成(ナノ粒子製造を含む)
~機能性粉体合成(資源の高付加価値化と新機能材料開発)
~ハロゲン含有樹脂・有機物の非加熱分解
~粉砕+化学的処理/物理的処理による有価物回収と処理プロセスの改善
~粉砕+低温加熱による各種バイオマスからの高純度水素製造

 

 

8.微粉砕におけるトラブルシューテング
(1)微粉砕における微粒子凝集の改善
(2)粒子複合化(粒子設計)処理の改善
(3)付着・帯電現象の抑制
(4)粉砕機内での偏析の防止
(5)摩耗・コンタミネーションの抑制
(6)異物混入と除去法
(7)微粉砕を良くするためのポイント
~分級
~助剤添加 など
(8)粉砕物制御のポイント
~粒子径・粒度分布
~表面特性
~形状 など
(9)微粉砕を効果的に行うためのポイント
(10)粉砕処理工程での粉塵爆発の防止

 

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年3月7日(月) 10:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円
*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売