化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント【提携セミナー】

GMP

化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/12/20(月) 10:30~16:30
担当講師

深澤 宏 氏

開催場所

自宅や職場など世界中どこでも受講可

定員 30名 
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

化粧品・部外品のGMPと

品質監査のポイント

 

《品質監査をどのように運用し、活用すればよいか?》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

化粧品は美の世界観を演出するツールとして,規制の範囲内で自由に設計することができるが,同時に「安全性」と「安定性」を確保することが求められる.
つまり,化粧品の製造販売が目指すのは「魅力的品質」であり,守るのは「当たり前品質」といえる.

化粧品の品質は「処方」と「工程」で成り立っている.設計が悪ければ製造工程管理を十分行っても市場品質は確保できない.市場クレームの約80%は設計由来ともいわれている.
平成17年の製販分離制度により,製造業者の役割は「製造品質」の確保となった.「設計品質」と「市場品質」の責任は製造販売業者の役割となった.

ISO22716(化粧品GMP)は製造品質の維持を目的としており,設計品質,市場品質の向上を目指していない.一方GQP省令は製販業者に製造業者の定期的品質監査を要求している.
今回,演者が経験した微生物汚染による自主回収体験をもとに,化粧品製造業者,製造販売業者向けに,化粧品GMP(ISO-22716)の要求事項を理解し,現場での取り組み手順について議論する.GMPの目的である「工程管理」によるCAPAの考え方を学ぶ.

また,化粧品の設計品質に重要な考え方である「パラメータ設計」の基礎を学ぶ.更に,市場でのトラブル防止策として「品質監査」を活用したリスクマネジメントについて講義する.
リスクマネジメントの活用は簡単ではないが,運用は技術者の資質によるところが大きい.だから,疑似体験としてのセミナーが必要になる.
有事の際の対応力は平時の訓練により向上する.常に問題意識をもって3現主義を実践することが大事である.

本セミナーは化粧品に携わる技術者にとって,設計品質,製造品質,市場品質を考える絶好の機会である.

 

◆習得できる知識

化粧品GMPの考え方を用いた化粧品の製造管理・品質管理,品質工学を用いた化粧品の最適設計,化粧品製造所の品質監査実務,リスクマネジメントを用いた品質保証の推進,他を習得できるセミナーです。

 

◆受講対象

化粧品の製造販売業者の品質保証業務担当,化粧品製造業者の化粧品GMP推進担当,これから化粧品業界へ進出を考えている業者担当,化粧品の技術コンサルを考えている人

 

◆必要な前提知識

特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

 

◆キーワード

化粧品GMP,品質工学,監査,リスクマネジメント,ISO22716,セミナー,講演,研修

 

 

担当講師

(株)ウテナ  常務執行役員 開発統括部長

深澤 宏 氏

 

【ご専門】
タグチメソッド,化粧品GMP,品質管理,技術開発

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
1.1 日本の製造業の衰退
品質神話はどこへ.どうしてこうなってしまったのか.
1.2 化粧品業界の実態
自主回収事例から読む,化粧品業界の実力
1.3 私の実体験より
自主回収の責任者として.GMPの読み込みと具体的展開が大事である.
1.4 製造業者と製販業者の関係
製造業者は下請けか.
1.5 製・販分離の弊害
設計品質へのアプローチは誰がやるのか.GMPだけでは品質は改善しない.

 

2.GMP概論
2.1 GMPの基礎
2.2 化粧品GMPの変遷
2.3 ISO22716(化粧品GMP)の概要
2.4 GMPの運営方法
取り組みの目標は何か?

 

3.ISO22716(化粧品GMP)の運用
3.1 適用範囲
3.2 用語及び定義
3.3 従業員に関する原則
3.4 構造設備に関する原則
3.5 機器に関する原則
3.6 原料および包装材料に関する原則
3.7 生産で使用する水の品質に関する原則
3.8 生産に関する原則
3.9 最終製品に関する原則
3.10 品質管理試験室に関する原則
3.11 規格外品の処理
3.12 廃棄物に関する原則
3.13 委託に関する原則
3.14 逸脱に関する原則
3.15 苦情及び回収に関する原則
3.16 変更管理に関する原則
3.17 内部監査に関する原則
3.18 文書化に関する原則

 

4.品質監査の活用(製造品質を確保するために)
4.1 品質監査の計画と準備
4.2 品質監査チェックシート
4.3 品質監査の着眼点
4.4 各調査ポイントでのチェック項目とチェック内容
4.5 衛生管理
4.6 書類監査
4.7 異常処理
4.8 改善指示
4.9 品質監査報告
4.10 品質監査の留意点

 

5.品質工学の活用(設計品質を確保するために)
5.1 FDAが推奨するバリデーションステップ
5.2 製剤開発に関するガイドライン(ICH Q8)
5.3 ICH Qトリオの取り組み
5.4 パラメータ設計手法の提案
5.5 パラメータ設計の具体例
模擬的にパラメータ設計を演習する
5.6 許容差設計
5.7 損失関数を用いた許容差の決定

 

6.化粧品の品質保証
6.1 品質システム(ICH Q10)
6.2 品質リスクマネジメント(ICH Q9)
6.3 リスクへの対応
6.4 ハインリッヒの法則
事故の早期発見
6.5 変更管理の重要性
6.6 GMPの限界
6.7 ヒューマンエラーの防止策
6.8 攻めの品質保証
6.9 技術者の心得と社会の役割
6.10 リスクマネジメントの難しさ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年12月20日(月) 10:30~16:30

 

開催場所

自宅や職場など世界中どこでも受講可

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、Zoomをダウンロードせず、Webブラウザから参加するかの2種類がございます。

・このホームページからお申し込みされた場合、すぐに自動返信メールが届きます。主催者のシステム上、メールの文面が通常セミナーでの受付内容になっておりますが、LIVE配信のセミナーで参加登録ができておりますので、ご安心ください。

・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき、前日までに必ず動作確認をお願いします。セミナー資料は日までには、お送りいたします。

・開催日直前に別途視聴用のURLを記載した招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴用のURLよりログインしていただき、ご受講ください。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。

・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売