導電性接着剤の特性発現機構と設計制御技術【提携セミナー】

導電性接着剤の特性発現機構

導電性接着剤の特性発現機構と設計制御技術【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/24(木)13:00~16:30
担当講師

井上 雅博 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-Mail案内登録価格: 41,800円

導電性接着剤の特性発現機構と設計制御技術

 

~導電性接着の開発・信頼性評価及び接続・配線/電極印刷等の実装応用に向けて~

 

 

■導電性接着剤の電気伝導特性発現挙動の解析■
■接着剤ペーストのレオロジー特性■
■導電性接着剤の接続特性の解析モデル■
■ナノフィラーを用いた導電性接着剤の考え方■
■接続信頼性に影響を及ぼす環境因子■

 

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

部品接続、配線/電極印刷等のフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス用途における

電子デバイスの多様化に向けた導電性接着剤の技術動向

未だ十分に明かされてない接続特性発現や不具合発生に影響を及ぼす因子について整理を試みます

導電性接着剤の開発や実装応用の一助としていただくために

 

 

セミナー趣旨

有機高分子接着剤中に金属やカーボンといった導電フィラーを分散させた導電性接着剤は、部品接続や配線/電極印刷などの用途で電子実装分野において用いられてきました。また、フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスに代表されるような電子デバイスの多様化を実現するための実装材料のひとつとして、今後も導電性接着剤が重要な役割を担うことが予想されています。このように導電性接着剤は実装材料としての実績を有する材料ではありますが、その接続特性の発現メカニズムが十分に明らかにされておらず、試行錯誤で材料開発が進められているのが現状と思われます。さらに、導電性接着剤の接続特性や信頼性に関して体系的に整理した教科書や専門書もほとんど存在しておらず、学術的基礎に基づいた議論を行うことにも限界があるというのが実情です。

そこで本セミナーでは、導電性接着剤の開発や実装応用の一助としていただくために、その接続特性発現や不具合発生に影響を及ぼす因子について整理してみたいと思います。

 

受講対象
導電性接着剤の開発に携わられている材料メーカーの技術者、導電性接着剤を電子実装に用いておられるセットメーカーの技術者

 

担当講師

群馬大学 大学院理工学府 知能機械創製部門 准教授 博士 (工学) 井上 雅博 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.導電性接着剤の概要(1):電気および熱伝導
1.1 導電性のレベル
1.2 電気伝導と熱伝導の関係
1.3 導電性接着剤の構成要素
1.4 等方性導電性接着剤の微細組織
1.5 異方性導電性接着剤の微細組織

 

2.導電性接着剤の概要(2):接着剤ペーストのレオロジー特性
2.1 ニュートン流体と非ニュートン流体
2.2 導電性接着剤ペーストのレオロジー特性
2.3 金属ナノ粒子ペーストのレオロジー特性
2.4 可使時間に影響を及ぼす因子

 

3.導電性接着剤の接続特性の解析モデル
3.1 有効媒質近似モデル
3.2 パーコレーションモデル
3.3 動的パーコレーション
3.4 フィラー間およびフィラー/電極間界面の電気伝導モデル
3.5 フィラー間およびフィラー/電極間の界面電気抵抗評価
3.6 導電性接着剤の熱伝導の考え方
3.7 導電性接着剤の接着強度

 

4.導電性接着剤へのナノフィラーの適用の考え方
4.1 カーボンフィラーの利用(1):概要
4.2 カーボンフィラーの利用(2):フィラー分散のストラクチャーと分散制御
4.3 カーボンナノフィラーの利用(3):界面電気抵抗向上のための界面設計
4.4 金属ナノフィラーの利用(1):概要
4.5 金属ナノフィラーの利用(2):金属ナノ粒子の熱力学
4.6 金属ナノフィラーの利用(3):金属ナノ粒子の融点降下現象と低温焼結現象の違い

 

5.導電性接着剤の電気伝導特性発現挙動の解析
5.1 接続特性のキュア条件依存性
5.2 電気伝導特性発達と硬化収縮の関係の実態
5.3 電気伝導特性発達と硬化収縮の関係の実態
5.4 界面化学因子の影響
5.5 金属ミクロフィラーの焼結現象

 

6.導電性接着剤の研究例
6.1 エポキシバインダ中での銀フィラーの低温焼結誘導
6.2 銀めっきフィラーを用いた導電性接着剤
6.3 銅フィラーを用いた導電性接着剤の電気的信頼性向上のための材料設計
6.4 ストレッチャブル導電性接着剤の変形耐性向上のための材料設計

 

7.導電性接着剤の接続信頼性に影響を及ぼす環境因子
7.1 高温高湿環境中での吸水現象と腐食
7.2 高温高湿および高温環境中での銅フィラーの酸化現象
7.3 接着剤バインダの硬化度や界面接着状態が接続信頼性に及ぼす影響

 

8.今後の展望
8.1 フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスにおける導電性接着剤の役割
8.2 有機/無機ハイブリッド材料としての導電性接着剤の基礎研究

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/2/24(木)13:00~16:30

 

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

電子媒体(PDFデータ/印刷可)を主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売