カーボンリサイクルを目指したCO2分離回収技術の基礎とプロセス評価および最新研究開発動向【提携セミナー】

CO2分離回収

カーボンリサイクルを目指したCO2分離回収技術の基礎とプロセス評価および最新研究開発動向【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/18(水)13:00~16:00
担当講師

酒井 奨 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
3時間で学ぶ!
CO2排出量削減に向けて重要視されるCO2分離回収技術に焦点を当てて、
その技術やシステムの基本的な考え方、国内外での開発状況、
そして現状の課題と将来への展望を解説します!

カーボンリサイクルを目指した

CO2分離回収技術の基礎と

プロセス評価および最新研究開発動向

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

地球温暖化対策として、CO2排出量を直接削減する方法のほかに、燃料を燃焼後に発生するCO2(排ガス中のCO2)を分離回収して何か有用なものを製造するCCU技術への関心が高まっています。加えて、菅首相が所信表明演説(2020年10月)の中で発言されたカーボンリサイクルの実現と2050年に向けたカーボンニュートラル宣言はとてもインパクトのあるものでした。
これらの実現にはCO2分離回収技術やCCU技術などが欠かせません。では現状の技術開発はどこまで進んでいて、何が課題となっているのでしょうか?海外ではCO2を地下に貯留するCCSの導入も進んでいます。

本講座では、こうした一連のCO2排出量削減に向けて重要視されるCO2分離回収技術に焦点を当てて、その技術やシステムの基本的な考え方、国内外での開発状況、そして現状の課題と将来への展望を解説します。

 

◆習得できる知識

  • CO2分離回収技術の基礎的なメカニズムや、その技術の捉え方、考え方を学べます。
  • 国内外で開発が進むCO2分離回収技術の現在の開発状況や技術課題を整理することができます。
  • 日本が目指すカーボンニュートラルやカーボンリサイクルに根差した社会にはCO2分離回収技術の導入が欠かせませんが、その技術の特徴や課題を把握することで、どの場面にどの技術を選択すべきか、判断する材料を見極める事ができます。
  • CO2分離回収技術だけでなく、今後のCO2排出量削減目標に対する考え方、有効利用技術(CCU)や貯留技術(CCS)についても少しご説明しますので、CO2に対する視野を広げることができます。
  • 日本のCO2排出量削減対策において、将来、出来ること、出来そうなこと、難しいことをイメージする事ができます。

 

◆受講対象

  • 本テーマに関心のある研究者、技術者のみなさま。
  • 関連業務に携わって2~3年目の若手研究者、若手技術者、新人のみなさま。
  • 理工系のバックグラウンドを持つ新規事業開発担当者、企画担当者、リサーチ業務に就かれている方々。
  • CO2分離回収技術のほか、カーボンニュートラルやカーボンリサイクルを業務に活かす術を模索している方々。

 

◆必要な前提知識

本テーマに興味のある方なら特に予備知識は必要ありません。

 

◆キーワード

CO2,分離回収,リサイクル,カーボンニュートラル,WEBセミナー,セミナー,講演,研修

 

 

担当講師

一般財団法人 エネルギー総合工学研究所
プロジェクト試験研究部 主管研究員(副部長) 博士(工学)
酒井 奨 氏

 

【ご専門】
化学工学

【ご経歴等】
・エネルギー総合工学研究所では、火力発電技術、省エネ技術、エネルギーキャリア技術、バイオマス技術、カーボンリサイクル技術など、エネルギー戦略の策定や総合評価(技術評価、経済性評価、環境評価等)などに従事。
・また、同所ではACC技術研究会 (※)の事務局を担当。CO2有効利用技術の普及とCO2排出量削減を念頭に、国際連携を視野に入れたカーボンリサイクルエネルギーシステムの社会実装の早期実現に向けて、産学官を巻き込んで活動中。
・その他、化学工学会、機械学会、日本エネルギー学会、エネルギー資源学会、石油学会などエネルギー関連の学会(講演、学会誌)にて、カーボンリサイクル関連技術の情報発信を不定期に実施中。

【書籍】
・「図解でわかるカーボンリサイクル」(技術評論社)(2020.9)。共著者の一人。
・「図解でわかるカーボンニュートラル」(技術評論社)(2021.9)。共著者の一人。

 

セミナープログラム(予定)

1. はじめに
1-1. CO2排出量の現状(国内外)
1-2. 日本のエネルギーフロー
1-3. 再生可能エネルギーの導入可能量
1-4. 政府の政策方針の整理(CO2分離回収技術を中心に)

 

2. CO2分離回収技術
2-1. 技術の位置付け
2-2. 技術の種類と特徴
(1)ポストコンバッション
化学吸収法、固体吸収法、物理吸着法、その他
(2)プレコンバッション
化学吸収法、物理吸収法、膜分離法、固体吸収法、その他
(3)その他
酸素燃焼法、ケミカルルーピング法ほか
2-3. 開発動向
2-4. コスト検証例

 

3. CO2分離回収技術の活かし方
3-1. CO2の用途
3-2. CO2有効利用技術(CCU)
3-3. CO2の地下貯留(CCS)
3-4. CO2の輸送
3-5. 回収すべきCO2量
3-6. カーボンニュートラルのためのカーボンリサイクル

 

4. さいごに
本講演のまとめ

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年2月18日(金) 13:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
49,500円(1名当たり 24,750円)(税込)です。

 

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売