カーボンプライシングの基礎知識と、国内外の関連規制・制度の最新動向【提携セミナー】

カーボンプライシングの展望セミナー

カーボンプライシングの基礎知識と、国内外の関連規制・制度の最新動向【提携セミナー】

開催日時 2024/3/13(水)13:00-16:30
担当講師

諸富 徹 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円
★炭素税、排出量取引制度等を基礎から解説

 

カーボンプライシングの基礎知識と、

国内外の関連規制・制度の最新動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

本講演は、大きく前半と後半からなる。前半は、カーボンプライシング(CP:炭素税、排出量取引制度)の基本的事項の解説、後半は2023年5月に成立したGX推進法で導入が決まったCPの詳細を取り扱う。

 

前半では、背景となる考え方(理論)、および制度設計上の主要論点について基礎から解説する。また国内外の事例を紹介しつつ、日本の気候変動政策の歴史的経緯や直面する課題を提示する。

 

CPは経済や産業にマイナスの影響を与えると考えられてきたが、過去30年間の世界のCPから得られるデータはむしろ、気候変動に取り組む国の方が環境面だけでなく経済面でもパフォーマンスがよいことを示している。それはなぜなのか、CPと成長・産業の関係を論じる。

 

後半では、GX推進法の中身について詳しく説明する。それがもっている意義を、アメリカのインフレ抑制法と比較しつつ、国際的な脱炭素投資競争の文脈に位置づけて明らかにする。

 

GX推進法では炭素賦課金(2028年)とGX-ETS(2033年)の導入が決まった。このうちすでにスタートしている排出量取引は聴講者の関心も高いと思われるので、制度詳細を解説し、企業への影響や課題、その将来展望を参加者とともに議論する。

 

◆受講後、習得できること

*カーボンプライシングの理論から実践までの知識
*環境と経済の関係、CPと経済成長/企業の競争力の関係をどう捉えればよいか
*GX推進法の中身に関する知識、それがもたらす企業への影響の考察

 

◆受講対象者

気候変動政策、カーボンプライシング、GX推進法(グリーントランスフォーメーション)に関心をもっている方々。本講演の受講にあたって特別の前提知識は必要ありません。

 

担当講師

京都大学大学院 経済学研究科 教授 諸富徹 先生

 

1998年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。1998年横浜国立大学経済学部助教授、2002年京都大学大学院経済学研究科助教授などを経て、2010年3月から現職。2015年4月よりミシガン大学グロティウス客員研究員(安倍フェロー)、放送大学客員教授を務める。
近著に、『電力システム改革と再生可能エネルギー』日本評論社(共編著2015年)、『再生可能エネルギーと地域再生』日本評論社(共編著2015年)、『資本主義の新しい形』岩波書店(2020年)など。他、著書多数。

 

セミナープログラム(予定)

前半
1.カーボンプライシングとは何か
(1)炭素税
(2)排出量取引
(3)その他

 

2.カーボンプライシングの経済成長、産業への影響

 

3.カーボンプライシングの政策効果

 

4.政策手段の組み合わせ

 

5.国内外の事例~欧州排出量取引制度(EU ETS)、温暖化対策税(日本)、イギリス・ドイツの炭素税など

 

6.質疑応答

 

後半
1.GX推進法とは何か
(1)その内容の概説
(2)米国インフレ抑制法との比較
(3)国際的な脱炭素投資競争のなかでのGX推進法の意義

 

2.排出量取引制度の設計を徹底的に解説
(1)基本コンセプト
(2)情報開示基盤~GXダッシュボード
(3)GXリーグとカーボン・クレジット市場の関係

 

3.GX-ETSの具体的内容
(1)GX-ETS参加企業に求められるもの
(2)目標排出量および基準年度の設定
(3)「超過削減枠」とは何か
(4)排出量の算定と検証に関する論点

 

4.GX-ETSへのコメント
(1)GX-ETSの特徴とは何か~EU ETSとの比較
(2)自主参加型ETSの利点と欠点
(3)かつての「排出量取引試行制度」の失敗から得られる教訓
(4)GX-ETSは自主参加型ETSの欠点をどのように克服しようとしているのか

 

5.GX-ETSは義務的制度に発展するか~「段階的発展をめぐる論点」について

 

6.質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年3月13日(水) 13:00-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

※配布資料等について

●配布資料はPDF等のデータで配布致します。ダウンロード方法等はメールでご案内致します。

  • 配布資料に関するご案内は、開催1週前~前日を目安にご連絡致します。
  • 準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
  • セミナー資料の再配布は対応できかねます。必ず期限内にダウンロードください。

 

●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売