バイオ医薬品におけるダウンストリーム工程開発と製造のためのバリデーションの注意点【提携セミナー】

バイオ医薬品製造

バイオ医薬品におけるダウンストリーム工程開発と製造のためのバリデーションの注意点【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2023/3/30(木) 10:30~16:30  【アーカイブ配信】3/31~4/21 (何度でも受講可能)
担当講師

河﨑忠好 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

☆精製法のバリデーションに求められるプロセスパラメータ等の管理条件とは?

mRNAワクチンの製造にも注目が集まっていることから

併せてその製造法の概要と注意点なども紹介いたします

 

バイオ医薬品におけるダウンストリーム工程開発と

製造のためのバリデーションの注意点

 

☆バイオ医薬品製造設備及びプロセス開発に必要となる項目と手法を分かりやすく解説!

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

バイオ医薬品は今日の医薬品開発の中心であり、中でも抗体医薬品はその適用範囲が広く、癌や免疫疾患を初め感染症や循環器疾患などへの応用も行われている。

 

中でも癌治療に対する開発ではインタクト抗体のみならず二官能性抗体や短鎖抗体などを用いたより活性の高いADCなども盛んに開発が進められている。

 

またCOVID-19の感染予防に関してmRNAワクチンの製造にも注目が集まっていることから併せてその製造法の概要と注意点なども紹介したい。

 

一方、バイオ医薬品製造における品質管理においても新たな考え方を取り入れたガイドラインが示されており、国内においてもGMPの改正に伴いPIC/Sを初めとした協調が図られて世界的レベルの管理が求められている。

 

講演の中では新たなGMP規則に従った規制概要とバリデーション要件を紹介し、バイオ医薬品製造工程で用いられる装置や分離機材の適格性の評価方法を紹介する。

 

また、バイオ医薬品製造に用いる精製法のプロセス開発戦略とその至適化手順を紹介し、製造工程における精製法のバリデーションに求められるプロセスパラメータ等の管理条件の開発法を紹介すると共に製造に用いられる装置等のメンテナンスと洗浄バリデーションに関する対応を紹介する予定である。

 

◆ 習得できる知識

バイオ医薬品製造設備及びプロセス開発に必要となる項目と手法を解説することでバイオ医薬品製造工程開発及び製造システムの導入に際して基礎となる知識を得ることが出来る。

 

1. GMPとダウンストリームプロセス開発のためのバリデーション戦略
2. バイオ医薬品製造における精製システムの適格性評価
3. バイオ医薬品の分析法と分離剤の適格性評価
5. クロマトグラフィー工程の至適化とバリデーション
6. 精製システムのメンテナンスと洗浄バリデーション

 

担当講師

次世代バイオ医薬品製造技術研究組合 技術開発担当部長 理学博士 河﨑忠好 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.バイオ医薬品製造のGMPと適格性評価
1-1. バイオ医薬品製造におけるGMP管理と品質保証
1-2. バイオ医薬品製造のためのバリデーション戦略
1-3. PIC/S GMPと品質管理のパラダイムシフト
1-4. バイオ医薬品医薬品のプロセス開発とバリデーションプラン

 

2.クロマトグラフィーシステム&カラムの適格性評価
2-1. 設備・装置の適格性検証と責任範囲の明確化
2-2. バリデーションの文書化
2-3. バイオ医薬品精製システムの適格性評価
2-4. バイオ医薬品精製カラムの適格性評価
2-5. クロマトグラフィープロセスのバリデーション

 

3.バイオ医薬品の分析法と原材料の適格性
3-1. 分析法バリデーション(ICH Q2 、R2案)と分析法の開発ガイドライン(ICH Q14案)について
3-2. タンパク質医薬品の試験とバリデーション
3-3. バイオ医薬品の試験と工程内試験およびRTRTについて
3-4. 原材料の適格性

 

4.クロマグラフィーカラムの適格性評価
4-1. クロマトグラフィー担体の適格性評価
4-2. クロマトグラフィーカラムの適格性評価
4-3. クロマトグラフィーカラムの品質管理とメンテナンス

 

5.クロマトグラフィー工程の至適化とバリデーション
5-1. クロマトグラフィー工程のプロセスバリデーション
5-2. クロマトグラフィー工程におけるプロセスバリデーションの手法
・ 従来のプロセスバリデーション(1987年ガイドライン)
・ 新しいプロセスバリデーション(2011年ガイドライン)
5-3. クロマトグラフィー工程のプロセス設計
・ クオリティ・バイ・デザイン(QbD)とDOE
5-4. クロマトグラフィー工程の適格性検証
5-5. クロマトグラフィー工程の継続的な照査

 

6.バイオ医薬品製造の特殊性とメンテナンス
6-1. バイオ医薬品製造の特殊性と不純物(タンパク質医薬品とmRNAワクチン)
6-2. バイオ医薬品製造における周辺設備のメンテナンスと洗浄バリデーション
6-3. バイオ医薬品製造におけるアップストリームの洗浄バリデーション

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2023/3/30(木) 10:30~16:30

【アーカイブ配信】3/31~4/21 (何度でも受講可能)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付

 

  • セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたしますので開催1週間前の午前中までにお申し込み下さい。
    ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。

 

  • セミナーでのご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

 

講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの
複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売