“できない”と決めつけるべからず(技術者べからず集)

“できない”と決めつけるべからず(技術者べからず集)

カテゴリー : column, 技術者「べからず」集, 技術者教育

 

時として、よく知っているがために不可能と思い、更には決めつけていることがあります。
知っているという自信が、発想の柔軟性を阻むことに繋がります。
自分の知る解が最適解だ、あるいは設計変数を変えていってもある世界からは出られないと思ってしまうのです。

 

事例1:スーパードライ

アサヒビールの生んだ名作スーパードライですが開発着手時の有名な話があります。
当時会社のトップが変わり、出された指示が「コクがあってキレのあるビールを作れ」でした。
最初の技術陣の反応は、「そんなのできるわけがない。ビールにおいてコクとキレは、トレードオフの関係(どちらかを強めるとどちらかは弱まる)にある。ビールというものを知らないから言うことだ。」というようなものでした。

 

事例2:部品点数半減

筆者自身も‘コストダウンのため、製品の部品点数を半減せよ’という指示を受けたことがあります。
その指示をされた方は、担当管轄製品を変わったばかりで、前の製品時代に部品点数半減を実現していました。
そのとき筆者が思ったことは「私は製品を熟知している。そんなことできる訳がない。前の製品は機能が簡単だからできただけだ。」でした。

 

技術者が発想を変えるためのヒント

よくあることですが、人は知らない間に、もともと手段であったものを目的だと思ってしまいます
例えば、ある目的を達成するため、必要なことが五つあって、その一つ一つを実現するためにいくつかの方策があって、そのためにいくつかの手段があります。
この場合、実は「必要なこと」も「方策」も、もちろん「手段」もすべて大元の目的を達成するためのものです。
上流に戻って、五つの要素を考えた時に、別の要素の組み合わせで目的が達成できれば、従来必要だった方策も手段も必要が無くなる可能性も出てきます。

Out-of-box thinking(※)という言葉がありますが、技術者も自分の経験の箱から出て思索を行ってみると、より技術が楽しくなると思います。
 

※Out-of-box thinking : thinking that moves away in diverging directions so as to involve a variety of aspects and which sometimes lead to novel ideas and solutions

 

(日本アイアール H・N)