製品設計におけるリスクマネジメント

不具合等の未然防止を図るための必須知識と設計スキルを習得!

製品設計におけるリスクマネジメント


講座概要

製品開発期間が短くなる中で、市場での不具合は大きな問題となり、企業の存亡に関わる深刻な事態へと拡大してしまうことも懸念されています。

このための対策として、設計の早い段階から製品に関わる不具合などを的確に抽出して、対応することが求められてきています。しかし、皆さまが関わる「設計の現場」では、このような対策は本当にうまく機能しているでしょうか?

このセミナーでは、製品設計におけるリスクマネジメントの基本を理解した上で、具体的な事例分析や課題実習を交えながら、PL法やクレームなどへの未然防止・予防対応に必要な「リスクマネジメントに対応した設計」を行う技術を習得することができます。

また、的確なリスクマネジメントをする前提となる「リスクアセスメント」について、「リスクセンス」の重要性と「システムズエンジニアリング」の観点から詳しい解説をし、受講者の皆さまが直ぐに実務で実践できるようになって頂くように企図しています。

自社における現状の製品設計のあり方に危機感を覚えている方、リスクマネジメントを行っていくための具体的な手順・手法を習得したいという方は、ぜひ受講してください!

 

プログラム(予定)

1. 設計におけるリスクマネジメント

  • 開発設計の業務とは
  • 何故、リスクマネジメントはうまくいかないのか

2. 設計のトラブル事例分析

3. 設備状況見える化の各種ツール

  • リスクマネジメントのプロセス
  • リスクアセスメントのプロセス
  • リスクアセスメントのポイント
  • リスクセンスとは
  • 未然防止設計のための手法

4. 設計におけるPL対策

  • Life Cycleと設計
  • 合理的に予見可能とは
  • システムズエンジニアリングアプローチ

5. 演習 (手法と考え方で、課題を検討する)

  • 課題の説明と検討
  • 検討結果へのレビュー

6. 開発設計でのリスクマネジメントのポイント

  • デザインレビューでの展開
  • デザインレビューでのポイント

7. まとめと質疑応答

 

主な受講対象者

  • 機械設計・開発業務に携わっている方
  • 設計・開発業務で指導的・中核的な役割を担う方およびその候補の方

 

期待される効果

リスクマネジメントに対応した開発設計を行うための技術と考え方を習得し、直ぐに実践することができます。

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日 :未定 (※セミナー開催のご要望についてはこちらのページをご参照ください)

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他) (※日本アイアールへのアクセスはこちら)

・定員  :18名

・受講料 :36,000円/1名(税別)[税込:38,880円]

 

※室橋講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277