スクリーン印刷の条件最適化とトラブル対策【提携セミナー】

スクリーン印刷

スクリーン印刷の条件最適化とトラブル対策【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2022/11/24(木)10:30~16:00
担当講師

宮本 圭介 氏
岩田 史郎 氏
小林 大介 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 60,500円(税込)

★ ペースト設計、スキージ速度、スクリーン製版工程、、、
生産性・高品質性を左右するファクター/パラメータを徹底解説!

 

スクリーン印刷の条件最適化とトラブル対策

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

  • 粘度・粘弾性測定によるスクリーン印刷用インクの塗工性、分散性評価
  • 版離れ機構を用いたスクリーン印刷の特性評価
  • プリンタブルエレクトロニクス市場におけるスクリーン印刷の最新技術動向

 

 

習得できる知識

  • スクリーン印刷工法の基礎技術
  • スクリーン印刷を用いた回路等パターン形成のための特性評価
  • 版離れ機構を用いたスクリーン印刷の特性評価

 

 

担当講師

1.(株)アントンパール・ジャパン ビジネスユニット キャラクタリゼーション マネージャー 宮本 圭介 氏
2.島根県産業技術センター 専門研究員 博士(工学) 岩田 史郎 氏
3.(株)セリアコーポシーション 営業本部 小林 大介 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【10:30-12:00】
1.粘度・粘弾性測定による スクリーン印刷用インクの塗工性、分散性評価
(株)アントンパール・ジャパン ビジネスユニット キャラクタリゼーション マネージャー 宮本 圭介 氏

 

 

1.粘弾性測定とは
1-1 粘弾性・粘弾性体とは~身近に存在する粘弾性物質~
1-2 従来の粘度特性評価機とは~回転粘度計の特徴と測定の限界~
1-3 粘弾性測定装置とは~最新の粘弾性測定装置の特徴~

 

2.粘弾性測定の基礎
2-1 粘弾性測定の概要~回転測定と振動測定~

 

3.回転(静的)測定の概要
3-1 回転測定の概要~変形方法、粘弾性変数~
3-2 回転測定例
3-2-1 ニュートン流動現象~粘度が一定?~
3-2-2 ダイラタント現象~粘度が上昇?~
3-2-3 シアシニング現象~粘度が下降?~
3-2-4 塗工特性評価~スクリーン印刷における塗工性能評価(タレ性、レベリング性)~
3-2-5 高速塗布特性評価~高速塗布における目詰まり評価~
3-2-6 法線応力評価~スクリーン印刷における版離れ評価~

 

4.振動(動的)測定の概要
4-1 振動測定の概要~変形方法、粘弾性変数~
4-2 振動測定例
4-2-1 ひずみ分散測定~スクリーン印刷における目詰まり評価~
4-2-2 周波数分散測定~粒子の長期分散安定性評価~
4-2-3 温度分散測定~塗布後のサンプルの塗膜形

 

【質疑応答】

 

 

 

【12:50-14:20】
2.版離れ機構を用いたスクリーン印刷の特性評価
島根県産業技術センター 専門研究員 博士(工学) 岩田 史郎 氏

 

【ご専門 】

材料工学、印刷工学、センサ工学

 

 

【習得できる知識】
・スクリーン印刷工法の基礎技術
・スクリーン印刷を用いた回路等パターン形成のための特性評価
・版離れ機構を用いたスクリーン印刷の特性評価

 

 

【講座趣旨】
スクリーン印刷を用いた回路等のパターン形成技術に関して、印刷物の特性評価、特に面内歪み性や塗布厚の均一性などについて解説します。また、印刷物の印刷特性を均一化させる手段の一つとして、自発的に進行していく版離れプロセスを促進させる機構を紹介します。

 

 

1.スクリーン印刷の基礎技術
1.1 各種印刷工法の比較
1.2 スクリーン印刷の特長
1.3 スクリーン印刷のメカニズム
1.4 スクリーン印刷の応用分野

 

2.スクリーン印刷を用いた回路パターン形成のための特性評価
2.1 スクリーン印刷用資材の物性評価
2.1.1 基材の評価
2.1.2 インキの評価
2.2 印刷パターン評価
2.3 面内位置精度評価
2.4 電気的特性評価

 

3.版離れ機構を用いたスクリーン印刷の特性評価

 

【質疑応答】

 

 

 

【14:30-16:00】
3. プリンタブルエレクトロニクスス市場におけるスクリーン印刷の最新技術動向
(株)セリアコーポシーション 営業本部 小林 大介 氏

 

 

1.会社紹介

 

2.印刷条件の最適化について
2-1 基材情報
2-2 ペースト情報
2-3 スクリーン製版
2-4 印刷装置

 

3.スクリーン印刷はどのような製品製造プロセスで活用されているのか

 

4.タッチパネルにおける印刷技術の活用

 

5.太陽電池における印刷技術の活用

 

6.スクリーン印刷装置・スクリーン製版の最新技術

 

7.細線形成技術提案 グラビア・オフ・セット

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/11/24(木)10:30~16:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき60,500円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売