洗浄バリデーション実務の必修ポイント習得講座【提携セミナー】

微生物

洗浄バリデーション実務の必修ポイント習得講座【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/1/27(木)10:30~16:30
担当講師

高木 肇 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

毒性データに基づく健康ベース暴露限界値(HBEL)の算出は容易でない。。。など

実務担当者の洗浄バリデーションに関する多くの悩みを演者の経験に基づいて解説!

 

 

洗浄バリデーション実務の必修ポイント習得講座

 

《残留許容値の設定、DHT/CHT、各種サンプリング方法と留意点、回収率テスト》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

高薬理活性薬の上市増とともに、PIC/S備忘録(PI043-1 2018年7月1日)の発出を始め、交叉汚染リスクへの注目度が増えてきた。洗浄後の残留許容値についても、毒性データに基づく健康ベース暴露限界値(HBEL)が要請されるなど、近年、洗浄バリデーションに係る議論は盛んである。しかし、HBELの算出は容易でないなど実務担当者は多くの悩みを抱えているのではないだろうか。演者の経験に基づく提案も含め、洗浄バリデーションに係る疑問点について解説する。

 

 

◆ キーワード

  • 洗浄,バリデーション,GMP,医薬,セミナー,Web,LIVE,講習会,研修,講座

 

 

担当講師

医薬品GMP教育支援センター 代表 高木 肇氏

 

セミナープログラム(予定)

1.交叉汚染リスクへの対応状況が注目されるようになってきた
1.1 共有設備内の交叉汚染に関するPIC/S備忘録
1.2 PIC/S GMP(第五章、Annex1改正案など)

 

2.洗浄対象物に思い込みをしない(前ロットのAPIのみに焦点を当てない)
2.1 洗浄バリデーションは専用設備でも必要
2.2 原薬供給業者が変われば不純物も変わる
2.3 設備材質からの溶出物・浸出物も要注意
2.4 洗浄剤も洗浄対象
2.5 微生物も洗浄対象
2.6 非日常的作業後の洗浄にも留意

 

3.ダーティホールドタイム(DHT)とクリーンホールドタイム(CHT)
3.1 長期保管後に再洗浄すれば良い?
3.2 ヒトがいれば発塵する
3.3 沈降粒子が巻き上がるリスク
3.4 スモークスタディが要請されている
3.5 環境モニタリングで検出できない汚染物がある
3.6 非接薬設備由来の汚染例
3.7 留意すべきは想定外の交叉汚染源
3.8 作業室の床、壁の残留許容量はどう考えるか
3.9 分析機器もキャリーオーバーに注意

 

4.残留許容値の設定
4.1 残留許容値の考え方の歴史
4.2 FourmanとMullin論文の影響
4.3 0.1%基準の計算法と問題点
4.4 目視限度の定量化
4.5 投与量基準から毒性発現量基準へ
4.6 ISPEがRisk Mapp(Baseline Guide)を提唱(高毒性だから施設専有化?)
4.7 ISPE RISK Mappの論点(NOAEL:無毒性量から許容値を)
4.8 EMA(欧州医薬品庁)ガイドラインの発出
4.9 健康ベース暴露限界値:HBELの算出法
4.10 吸収経路で曝露リスクは違う
4.11 毒性発現臓器(組織)は物質により特徴がある
4.12 HBELの設定は専門知識が必要
4.13 動物データの人への外挿による問題
4.14 いろんな問題があるので毒性発現量基準の方向性としては
4.15 不純物・分解生成物の許容量
4.16 ICH M7変異原性不純物ガイドライン
4.17 微生物(発熱性物質)の残留許容値
4.18 外部からの侵入異物の許容値
4.19 洗浄剤の残留許容値
4.20 LD50を用いることの議論

 

5.結局、企業自らが洗浄バリデーションマスタープラン策定

 


6.洗浄剤の選定と留意点

 

7.CIP、COPの留意点

 

8.洗浄しにくい箇所(Worst case Location)

 

9.各種サンプリング方法とその留意点
9.1 スワブ法の留意点
9.2 サンプリング箇所の設定
9.3 接薬表面積の算出
9.4 リンス法の留意点
9.5 その他のサンプリング法
9.6 分析方法の留意点
9.7 残留確認にTOC測定が有用

 

10.回収率テスト
10.1 回収率の計算

 

 

スケジュール

※多少前後する可能性がございます。
10:30~12:00 講義1
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 講義2
14:00~14:05 休憩
14:05~15:05 講義3
15:05~15:10 休憩
15:10~16:10 講義4
16:10~16:30 質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年01月27日(木) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付【PDFにて配布いたします】
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売