光学用透明樹脂の設計法と高透明化・高性能化技術【提携セミナー】

次世代照明

光学用透明樹脂の設計法と高透明化・高性能化技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

谷尾 宣久 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

~透明性、屈折率、複屈折の制御とその設計・開発~

 

光学用透明樹脂の設計法と

高透明化・高性能化技術

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

透明ポリマーが、ディスプレイ用光学フィルム、光ディスク、光学レンズ、光ファイバーなど各種光学部材に用いられている。さらに、次世代照明、フレキシブルディスプレイなど次世代光技術の実用化においても、透明ポリマー材料の果たす役割は大きい。

 

各種光学部材の機能を高め、次世代技術を実用化させるには、屈折率制御、複屈折制御、高透明化などポリマーの光学特性を高性能化する必要がある。

 

本セミナーでは、光技術分野へ透明ポリマーを応用する際、重要となる光学特性(透明性、屈折率、複屈折)について、高分子構造と関係づけて定量的に解説し、理想的な光学特性を実現するにはどのようにして構造を制御し、どのような分子設計を行ったらよいのかについて理解していただく。光学用透明樹脂の開発、設計に必要な基礎知識を理解していただくことが本講座の目的である。また、ポリマーを構成する原子の種類とその数をパソコンに入力するのみで、屈折率および透明性が計算できる『透明ポリマーの光物性値予測システム』についてもご紹介させていただく。

 

担当講師

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科 教授 工学博士 谷尾 宣久 氏

 

セミナープログラム(予定)

第Ⅰ講 透明ポリマーの基礎
1. 透明になるポリマーとは
2. 非晶構造とガラス状態

 

第Ⅱ講 屈折率制御と低複屈折化
1. 屈折率制御
1.1 屈折率と分子構造
1.2 屈折率の波長依存性
1.3 屈折率の温度依存性
1.4 屈折率の制御、高屈折率化
1.5 透明ポリマーの屈折率予測
2. 低複屈折化
2.1 複屈折と屈折率楕円体
2.2 配向複屈折
2.3 応力複屈折
2.4 複屈折の低減化

 

第Ⅲ講 光吸収・散乱メカニズムと高透明化
1. 光吸収損失
1.1 電子遷移吸収
1.2 原子振動吸収
1.3 ポリマーの分子構造と光吸収損失
1.4 光吸収損失の低減化
2. 光散乱損失
2.1 光散乱法による高次構造解析
2.2 屈折率不均一構造と光散乱損失
2.3 高透明化のための高次構造制御
2.4 ポリマーの分子構造と光散乱損失
2.5 光散乱損失の低減化
3. 高透明化
3.1 高透明ポリマーに要求される分子特性
3.2 高透明化のための分子設計
3.3 透明ポリマーの透明性予測

 

第Ⅳ講 透明ポリマーのエイジング
1. ガラス状態とガラス転移温度
2. 高分子ガラスの物理的エイジング
3. エイジングによる光学特性変化
4. 光学特性の安定性・信頼性

 

第Ⅴ講 透明ポリマーの光物性値予測システム
1. 透明ポリマーの屈折率予測システム
2. 透明ポリマーの透明性予測システム

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
  • お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
  • それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
  • ご受講前に必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売