多品種少量生産工場のヒューマンエラー予防対策(セミナー)

生産工場_ヒューマンエラー予防対策

多品種少量生産工場のヒューマンエラー予防対策(セミナー)

開催日時 -
担当講師

濱田 金男 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

またはオンライン受講

定員 会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
受講費 36,000円(税抜)

IT技術(AI・IoT)の活用した再発防止対策と未然予防対策

 

多品種少量生産工場のヒューマンエラー予防対策

 


 

従来、工場のヒューマンエラーは、現場の作業ミス、作業モレなどのポカミス対策が中心となっていましたが、近年、企業風土や組織、管理の不備、欠陥を背景としたヒューマンエラーがクローズアップされ、単なる工程のポカヨケ対策だけでは、ヒューマンエラー防止は困難となっています。

 

製品・サービスの多様化、市場の厳しい品質要求の中で、工場は人手不足の中、短納期、多品種少量生産に対応していかなければなりません。しかし、品質管理のしくみは、大量生産時代に導入された形がそのまま残っており、形骸化が進んでいます。

 

品質管理活動の形骸化は、いずれは市場クレームや事故・災害につながり、最近クローズアップされている様々な市場問題は決して他人事ではありません。

この講座では、ヒューマンエラー対策を通じて、日常の正しい品質管理活動のあり方正しい品質管理手法の導入方法IOT・ロボット・デジタル技術を用いた品質改善手法についても理解を深めて頂きます。

 

 

担当講師

濱田 金男 講師

 

セミナープログラム(予定)

1.ヒューマンエラーに関する科学的分析
1.1 ヒューマンエラーとは
1.2 ヒューマンエラー要因4分類
1.3 エラープルーフ化の検討
1.4 作業ミス防止対策の限界は
1.5 情報(コミュニケーション)不足によるミスの発生防止
1.6 作業環境とヒューマンエラーの関係
1.7 組織風土とヒューマンエラーとの関係

 

2.AI・IT技術活用による作業ミス予防対策
2.1 組立工程の作業支援システム
2.2 デジタル技術活用による熟練技能の伝承事例
2.3 IT活用による作業手順書作成ツール
2.4 IOT導入による品質向上
2.5 AI技術活用による品質向上

 

3.ヒューマンエラーの原因解析と再発防止
3.1 ルールのピラミッドを基本にした原因と対策
3.2 現場で使えるなぜなぜ分析手法
3.3 なぜなぜ2段階法による原因究明と対策
3.4 不良分析マップ法による原因解析と対策
3.5 是正/再発防止/水平展開/予防の関係

 

<事例研究・演習問題> 

 

主な受講対象者

  • 製造業の製品設計者、工場の工程技術者、品質保証スタッフ
  • 実務経験5年以上程度の第一線技術者

 

期待される効果

  • 多品種少量生産工場に適した新しい品質管理の基本の理解
  • ヒューマンエラーの再発防止手順と予防対策手法の理解
  • IOT、ロボット、デジタル技術を用いた品質向上対策の理解

 

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日 : 未定

・開催場所:日本アイアール㈱ 本社会議室またはオンライン受講

・定員  :会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)

・受講料 : 36,000円(税抜)

 

 

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。
 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。
 ※濱田講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

お申し込み方法

★お問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売