医薬品開発におけるプロジェクト 事業性評価の基礎と意思決定の考え方【提携セミナー】

AI創薬開発セミナー

医薬品開発におけるプロジェクト 事業性評価の基礎と意思決定の考え方【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 【LIVE配信】2024/2/28(水) 10:30~16:30 , 【アーカイブ配信】2/29~3/8(何度でも受講可能)
担当講師

楠井 悠平 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

・ 医薬品開発においてどのように事業性評価を行えば良いか?

・ 事業性評価で用いられる評価指標がどのような意味を持つか?

・ 事業性評価のプロセスを通じてどのようにプロジェクト価値向上を実現するか?

・ 事業性評価の結果をどのように意思決定に役立てるか?

 

医薬品開発におけるプロジェクト

事業性評価の基礎と意思決定の考え方

 

☆簡単なExcelシートを用いた実習を実施します

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

本セミナーは、医薬品開発におけるプロジェクト事業性評価を念頭に置いて「経営視点で事業を考える」ことに役立つ事業性評価と意思決定の基礎的な考え方を習得することを目的としています。

 

まず事業の企画・評価に必要な会計・財務(ファイナンス)の基礎知識の要点を学習します。

 

財務三表の基本的な読み方を前提として、事業性評価における代表的な指標であるNPV(Net Present Value、正味現在価値)などの主な項目や数字の示す意味を確認します。

 

引き続き、NPV計算をはじめとした医薬品開発におけるプロジェクト事業性評価および意思決定の基礎知識と意義・手法について学習します。

 

また、プロジェクトの価値を高めるための切り口について考えます。

 

セミナー内では、簡単なExcelシートを用いた実習を一部組み合わせて実施します。

 

これから事業性評価業務に携わる予定の方や、現在事業性評価業務に携わっているが改めて評価方法について学びたい方のご参加をお待ちしています。

 

◆習得できる知識

  • 医薬品開発においてどのように事業性評価を行えば良いか
  •  事業性評価で用いられる評価指標がどのような意味を持つか
  •  事業性評価のプロセスを通じてどのようにプロジェクト価値向上を実現するか
  •  事業性評価の結果をどのように意思決定に役立てるか

 

◆キーワード

医薬品,開発,マーケティング,再生医療,講習会,マーケティング,研修,講習

 

担当講師

インテグラート(株) ビジネスシミュレーション事業本部 ソリューション事業部
コンサルティンググループリーダー シニアコンサルタント 楠井 悠平 氏

 

【専門】
事業性評価 ポートフォリオマネジメント ビジネスモデリング ビジネスシミュレーション

【経歴】
2007年東京大学法学部第三類(政治コース)卒業後、新卒採用にてインテグラートに入社
医薬品メーカー、電力会社、自動車部品メーカー、その他製造業、石油製品販売業等様々な業種におけるビジネスシミュレーション、事業性評価体制導入支援、ポートフォリオマネジメント運用支援に関するコンサルティングに数多く従事し、高度に複雑化した将来収益予測シミュレーションモデルの構築や分析等に豊富な経験を有する。
システム開発プロジェクトへの関与、学会誌への寄稿なども手掛ける。
2009年よりエデュケーション担当として、事業性評価入門研修などの講師を担当。

 

セミナープログラム(予定)

1.経営視点で事業を考える

 

2.事業の理解評価に必要な会計の基礎知識
2-1 P/L(損益計算書)の仕組み
2-2 B/S(貸借対照表)の仕組み
2-3 C/S(キャッシュフロー表)の仕組み
2-4 P/L、 B/S、 C/S のつながり 製造業A社の一年

 

3.評価に必要な財務(ファイナンス)の基礎知識
3-1 NPVとは何か、NPVの計算
3-2 フリーキャッシュフロー、資本コストの考え方

 

4.医薬品開発プロジェクト事業性評価および意思決定の基礎知識と手順
4-1 医薬品業界での事業性評価のポイント
4-2 医薬品開発における事業性評価の意義
4-3 事業性評価のプロセス
・ フレーミング
・ 開発戦略案の検討
・ 事業性評価モデルの設計
・ データの設定
・ 分析・シミュレーションの実施と評価
・ デシジョンツリーを活用した開発リスクの考慮

 

5.医薬品開発プロジェクトの簡易評価の実践
5-1 医薬品開発プロジェクトの簡易評価
5-2 マイルストンペイメントとロイヤルティ
5-3 成功確率を考慮したマイルストンとロイヤルティ
5-4 デシジョンツリー

 

※ 一部、簡単なExcelシートを用いた実習を行います。

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/2/28(水) 10:30~16:30

【アーカイブ配信】2/29~3/8(何度でも受講可能)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付

 

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。

 

  • セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたしますので開催1週間前の午前中までにお申し込み下さい。
    ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。
  • セミナーでのご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

 

講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの
複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売