架橋技術【提携セミナー】

開催日時 2020/11/27(金)10:30~16:30
担当講師

畠山 晶 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

~架橋形成方法とポリマー性能向上、特性改良

 

架橋技術

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

架橋はポリマーの性質を改良するための基本的技術である。

 

本講演では以下について説明する。

  • 架橋により変化するポリマー鎖の動きの変化とそれに伴う性質の変化
  • いろいろな架橋
  • 具体的な架橋の形成技術
  • 架橋による接着向上
  • 架橋により向上する架橋以外の性能

 

ここでは理論だけでなく、具体的な応用技術についても説明したい。

 

架橋のみで高品位な製品を作ることはできない。しかし、多くの製品の性能を向上させるための、非常に有用な技術である。受講者には架橋技術の全体像をつかんで、具体的な製品に応用していただければと思う。

 

担当講師

畠山技術士事務所 所長 技術士 (応用理学部門) 畠山 晶 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.初めに-架橋と高品位な製品

 

2.ポリマーの架橋の種類
2.1 ポリマーの架橋
2.2 色々な架橋
2.3 化学架橋と物理架橋
2.4 可逆的な架橋
2.5 再生可能な架橋
2.6 ポリマー形成後の架橋と形成時の架橋
2.7 層内架橋と層間架橋

 

3.架橋によるポリマー物性の変化
3.1 架橋の無い場合
3.2 ポリマー分子の動き
3.3 ガラス転移温度
3.4 自由体積を決めるもの
3.5 架橋の効果
3.6 架橋によるガラス転移温度の変化
3.7 ゴム状態
3.8 ゲル
3.9 架橋の効果のまとめ

 

4.架橋の形成方法
4.1 層間架橋と層内架橋の形成
4.2 硬化
4.3 架橋剤を用いる方法
4.4 シランカップリング剤を用いる方法
4.5 過酸化物を用いる方法
4.6 紫外線を用いる方法
4.7 電子線を用いる方法

 

5.架橋と接着
5.1 剥離の形態と剥離方法
5.2 剥離に影響する因子
5.3  架橋の効果
5.4 層間架橋と接着
5.5 層内架橋と接着

 

6.架橋による接着以外の性能向上
6.1 耐熱性の向上
6.2 耐油性の向上
6.3 耐傷性の向上
6.4 形成性の向上
6.5 ヘイズ(低減)
6.6 タレ防止(塗装)

 

7.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2020年11月27日(金)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員:  55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で  55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、 49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売